篠宮龍三.オフィシャルブログ One Ocean〜海はひとつ!

RSSフィードを購読

2016.12.05 Monday

沖縄フリーダイビングスクール2016−2017

 

沖縄本島にてフリーダイビングスクール開催中!!

 

全てのコースで篠宮龍三.が直接指導します!

各コースともに定員4名、少数精鋭でやさしく丁寧に教えます。

 

 

 

FUN&FREE ☆沖縄☆  
 

 

 

12/17(土)ー18(日)

 

12/13(火)ー14(水)*平日コース

 

2017年

 

1/31(火)ー2/1(水)*平日コース

 

 

*リクエスト日程、開催承ります。

 

素潜りで沖縄の海をゆったり海を味わいます。真栄田岬、青の洞窟、砂辺などで南国のお魚、サンゴをゆっくり眺めながらのファンダイブと20m程度までのトレーニングも行います。

 

*講習費 32,000 円(送迎代、保険料、施設使用料込み)

FUN&FREE詳細

 

 

PRIMARYコース ☆沖縄☆

 

12/6(火)ー7(水)*平日コース

 

 

2017年

1/28(土)ー29(日)

 

 

 

*リクエスト日程、開催承ります。

 

フリーダイビングを体験してみたい方のコースです。自分の身体一つで潜る楽しみを味わいます。水に慣れてリラックスすることを目的とします。水深2m程度潜れる方から参加可能です。

 

*講習費 32,000 円(送迎代、保険料、施設使用料込み)

PRIMARY詳細

 

 

DEEPトレーニングコース ☆沖縄☆

 

 

*リクエスト日程、開催承ります。

 

DEEP DIVEのトレーニングを行います。

フリーダイビングの醍醐味である、コンスタント(ウィズフィン/ウィズアウトフィン)・フリーイマージョン、コンビネーションのDEEP DIVEトレーニングを行います。

 

*講習費 33,000 円(送迎代、保険料、施設使用料込み)

*ボート代別(人数により変動。1日8000円前後)

 

DEEP詳細

 

 

 

BASICコース ☆沖縄☆
 

*リクエスト日程、開催承ります。

 

フリーダイビングの基本的な技術を身に付けたい方のコースです。
スタティック、ダイナミック、コンスタントの 基本的な技術を習得します。無駄な力を抜いて正しいフォームでパフォーマンス出来るようにトレーニングします。バディー同士のトレーニング方法、レス キューの方法、呼吸法、栄養学、メンタルトレーニング、リラクゼーションテクニック、フォーム、ウォーミングアップの基本的な方法を身に付けます。オリジナルテキスト付き。

 

講習内容
学科講習、プール講習、海洋講習 [3日間]
*AIDAレベル認定をコース内で行います。

 

*講習費 59,000 円(送迎代、保険料、施設使用料込み)

BASIC詳細

 

 

 

ADVANCEコース ☆沖縄☆

 

*リクエスト日程、開催承ります。

 

BASICで身に付けた技術をさらに高めたい方のコースです

 

スタティック、ダイナミック、コンスタントのより高度な技術を習得し、レベルアップを目指します。フリーイマージョン、コンスタントノーフィンなども体験します。バディー同士のトレーニング方法、レスキューの方法、呼吸法、栄養学、メンタルトレーニング、リラクゼーションテクニック、フォーム、ウォーミングアップの方法などを身に付けます。オリジナルテキスト付き。

 

講習内容
学科講習、プール講習、海洋講習 [3日間]
*AIDAレベル認定をコース内で行います。

 

*講習費 74,000 円(送迎代、保険料、施設使用料込み)

 

ADVANCE詳細

 

 

CLASS

 

*内容決定次第ブログ、HPにてお知らせします。

*予告なく変更、中止となる場合もございます

*チーム、ショップ様のオリジナルツアーリクエストも承ります

*詳細はお問い合わせください

 

 

●那覇空港および市内ホテルから現地ポイントまで無料で送迎します。

 

【前日着の方】那覇市内ホテルに8時前後にピックアップ。

 

【当日着の方】那覇空港に9時前後にピックアップ。 (前泊不要)

 

*最終日は講習が終わり次第そのまま空港(ホテル)へお送りします。

現地集合、おすすめホテル&レンタカー情報もお問い合わせください。

 

●講習スケジュール●

 

8時 ホテルピックアップ
9時 空港ピックアップ

10時 1本目

11時 2本目

12時 ランチ

15時 那覇市内着

 

 

全てのコースはお申し込み先着順です。 お早めにお申し込みください!

 

上記以外でのリクエスト日程、パーソナルトレーニングも承ります。

 

*気象条件等による開催中止の場合は講習費を全額返金させていただきます。 

ただし、交通費、宿泊費用等については費用の保証はいたしかねますので予めご了承くださいませ。

 

各コースのリクエスト開催は、2名様以上で承ります。プライベートレッスンご希望の方はお問い合わせください。国内外の方より多数のリクエスト、プライベートレッスンのお申し込みを頂いております。どうもありがとうございます!

 

スクールオフィシャルサイト

 

お問い合わせはこちらまで

 

もしくは↓

 

school @ apneaworks.com

 

(@前後のスペースをお取り下さい)

 

スクール代表

篠宮龍三.

2016.10.20 Thursday

素潜りツアースケジュール2016

 

☆素潜りツアースケジュール☆ 

 

 

 

篠宮龍三.がこれまで撮影などで訪れた島々へ皆さんをご案内します。

思い出に残るフリーダイブトリップへ!

 

フォト派、のんびり素潜り派の皆さんぜひ☆

水中だけでなく、陸上での夕日や夜空などの撮影ポイントへもご案内します。

 

 

全日程先着順となります。

お早めにお申し込みください!

 

*以下詳細は順次アップいたします。
 

 

詳細、お申し込みはこちらまで!
school @ apneaworks.com (@前後のスペースをお取りの上送信ください)

 

宮古・伊良部島ツアー

 

伊良部島のサンゴと洞窟を素潜りで堪能するスペシャルツアー
ケーブの青い光のシャワーの中で癒しのフリーダイブ・・・
時間が止る極上のひととき。とっても荘厳な気分に。。。
地形ファンはたまりません!

洞窟ポイントが集まる伊良部島、下地島周辺のシークレットポイントにもご案内します。
もちろん元気いっぱいのサンゴとそこに群れるお魚を眺めながらのんびりと水中世界を楽しみます!!

 

 

 

 

与那国島 海底遺跡ツアー

ジャック・マイヨールが愛した海底遺跡や石舞台、人面岩、スタジアムなどを素潜りで訪れます。ショップはジャック御用達だったサーウェスさん。生前のジャックのお話や貴重な映像も見せてくださるかも。未知なる古代文明のロマンに思いを馳せる3日間です!!

 

日程 12/2(金)ー4(日)
集合:12/2(金) 12:00 石垣空港 or 13:10 与那国空港 

解散:12/4(日) 13:00 与那国空港
宿泊 ホテル入船 朝食付き
定員 最大6名*申し込み順 空席1
料金 62,000円 
(ボート4本、宿代二泊・朝食x2、講習費、保険代)
*与那国までのエアは各自お取りくださいませ。
 

 

スケジュール

12/2(金)
12:00 集合@石垣空港 or 13:10 @与那国空港
14:00 ボート 2本
17:00 帰港
18:00 夕食

 

12/3(土)
 9:00 ボート 2本
12:00 昼食
14:00 島内観光 など
18:00 夕食


12/4(日)

 9:00 フリーor オプションボート2本
12:00 昼食 
13:35 与那国空港発
14:10 石垣空港着 解散

 

お申し込みはこちらまで!
(@前後スペースを削除の上ご送信ください)
school @ apneaworks.com

 

 


国内ツアー 

海外ツアー 

 

 

TOUR
*内容決定次第、こちらのブログ、HP、FBにてお知らせします。

 

*予告なく変更、中止となる場合もございます。

*チーム、ショップ様のオリジナルツアーリクエストも承ります。

*詳細はお問い合わせください。

 

お問合せ先

http://www.apneaworks.com/school/schoolinfo.htm

 

school @ apnea works.com 

(@前後のスペースを削除してからメールしてください)

 

スクール代表 篠宮龍三.

 

 

 

 

 

 

 

 



















 

 

 

2016.10.10 Monday

18年間ありがとうございました。

 

いつも応援してくださる皆さんへ

18年目となる2016年シーズンもおかげさまで無事に終わろうとしています。今季も応援ありがとうございました。

そして、

18年間応援ありがとうございました。

篠宮龍三は今シーズンをもって現役を引退することにしました。

 

2004年に5年間勤めた会社を辞めてプロになり、常に「プロとは何か」を考えてきました。

「記録を更新し続け、世界で活躍する」

これが以前から変わらない自分の思うプロのあり方。この3年間、いつ引退するのかも真剣に考えてきました。

記録が出ず、表彰台に立てなくなったら終わり。そのときは競技をやめようと思って大会に出てきました。

 

この3年間を振り返ってみると、

2014年はバハマでノーフィンのアジア新。2015年は同じくバハマで総合準優勝。そして今年2016年はまたバハマでフリーイマージョン種目銅メダル。

 

パフォーマンスと結果が年々低下していることは分かっています。ささやかな結果を出しながらも先の見えない焦りや不安、寂しさがありました。やはり世界には届かないのではないだろうかと。

そして来年はおそらく記録もメダルもないだろうなと今年のバハマで感じました。また現役のアスリートとしてこれ以上何かできること、やるべきこともないだろうなとも思い、大会後、本当に清々しい気持ちでバハマの海を離れました。

 

野球やサッカーのプロアスリートは球団や企業に雇われていて、結果が出なければ解雇されます。しかしフリーダイビングのプロ選手は所詮自称プロに過ぎません。少なくとも篠宮はそうです。結果が出なくても自称プロ選手を続けることは可能です。しかしそれは自分の思うプロ像とは違います。記録とメダルが取れなければ自分で自分を解雇しなければなりません。結果が出ないプロなんてプロとは言えないから。

 

かつての師匠ウンベルト・ペリザリに今年のバハマ大会で久しぶりに会い、今季で引退することを伝えました。

Do what you feel. Follow your instance!

感じるままに自分の瞬間を追いかけろ!

 

そう言ってくれました。彼は僕の好きなことやこれからのことを分かっているかのようです。ウンベルトは僕が初めてアジア新を出す前も伸び悩む自分に素敵な言葉で背中を押してくれました。師の一言はなんて偉大なんだろう。心の宝です。

 

人類で初めて100mを超えたジャック・マイヨールの存在を20年前に知り、彼に憧れてこの世界に入りました。自分の人生の半分をフリーダイビングとともに歩んできました。ジャックもフリーダイビングも知らなかったら一体どんな人生を歩んでいたのか、想像すらできません。こんなにも充実した時間を過ごすことができてジャックにもフリーダイビングにも感謝してもしきれません。生きる希望を与えてくれたのですから。ジャックの足跡を追い、2002年から2008年にかけて、61m、76m、86m、100m、101m、105mと旅をしてきました。ウンベルトがジャックの記録をより難易度の高い種目でフォローしてきたように、それに倣って記録を追ってきたのです。ジャックが実際に当時の記録を打ち立てたり訪れたりしたハワイ、伊豆、マルセイユ、バハマの海で、アジア記録を更新し、まるでジャックとともに旅をしてきたかのようでした。実際に言葉を交わすことはなかったけれど、ジャックを追いかける旅は本当に幸せでした。

その後は、2009年から2010年に107m、108m、115m。ついにジャックの記録を超えることができました。そして世界記録への挑戦をしてきました。一番好きなコンスタント種目やフリーイマージョン種目でチャレンジしてきましたが、もはや時間が足りませんでした。技術も精神も未熟でした。本気で世界記録を目指すならジャックの記録をフォローすることをどこかで諦め、プロになってからは世界記録への挑戦にできるだけ早くシフトすべきだったのかもしれません。しかし無視するかのようにジャックの記録を通り過ぎ、世界に手を伸ばすことはどうしてもできませんでした。僕にとっての記録は単なる数字ではなく、マイルストーンのようにとても大事なものだから。ウンベルトもジャックの記録をそのように扱っていました。その場所からはどんなグランブルーが見えるのか。先人たちの偉業に思いを馳せることが最大のリスペクトだと思ったのです。

限られた競技人生の中で、最高のレベルで能力と機会が噛み合わなければ世界記録は生まれないということは分かっています。しかし、世界記録よりロマンを追い求めた自分の競技人生に悔いはありません。自分は自分の時間を使い切ったと思っています。プロになった頃は努力と時間を積み重ねればいつかは全ての夢は叶うんだと思っていました。そうではなかった。でもやりたいようにやらせてもらいました。むしろ叶った夢の方が多いと思います。全てのことに時があります。始まりがあり、終わりがある。自分にもその時が来たようです。

 

自分の人生の半分をすごしてきたこの競技から離れることは、身体の一部がもがれるような辛さがあります。引退を意識し始めた数年前から、それはどれほどの寂しさと痛みなのかと想像を巡らし、また失うことの辛さに耐えられるよう心の中でイメージしてきました。これ以上心の底から燃え上がるものに出会うことはこの先の人生でもうないでしょう。そう思うと寂しくてたまりません。しかしいいのです。心を燃やし尽くすものに出会えただけで満足です。失う痛みをこの数年イメージしてきたおかげで、今はとても前向きな気持ちになっています。新しいことへの挑戦に心を躍らせています。

 

今は無事に競技人生を終えることができてほっとしています。これまで大切な仲間たちを海で失ってきました。心のどこかにいつも漠然とした死への恐怖感があったのです。この数年は一年一年、撤退戦だと思って戦ってきました。とにかく生き残ることを念頭において無事にゴールすることが何よりだと思ってきました。40歳を目前にした時、予期せぬアクシデントひとつで競技人生ばかりか人生そのものも危うくしかねないと感じていたからです。ワンミスが命取りです。だからとにかく無理せず、心身ともに疲れを残さずコンディションをキープすることを第一にしてきたのです。大好きな海で死にたくはないから。少なくとももうこれで、競技で命を落とすことはありません。これからは本当に穏やかな気持ちで海と向き合えるでしょう。むしろこれからが楽しみなのです。

 

ジャック・マイヨールは39歳から競技を始め、18年間記録を更新してきました。彼の最大の偉業はやはり人類初の100mダイブだと思います。それが達成されたのは奇しくも篠宮が生まれた1976年の11月でした。本当に勝手ながら自分は彼とのご縁を感じていました。だからアジア人で初めての100mダイブを達成するんだと心に誓ってきました。また篠宮は39歳まで18年間競技をしてきたことになります。ジャックファンには大変僭越で申し訳ないのですが、39歳からと39歳まで、ふたつの18年間の競技人生が交錯したようにも思えます。もちろん偉大なジャックに比肩したとはつゆほども思いません。もし彼がまだ生きていたならどんな言葉をかけてくれるのでしょうか。まだいけるぞ!なのか、もういいよ、なのか。それともはたして。走り終えた後に語り合いたかったな。

 

振り返ってみると、これまで37個のアジア記録を作ってきたことになります。無心で出せたものはほとんどなく、苦しみながら出してきた、でこぼこでいびつな記録たち。なんとかひねり出した時や風邪ひきで出した時もありました。自己最高記録が一番可愛いのではなく、むしろダメな子ほど可愛いとさえ思います。ともあれ全て愛しい37のわが子たち。大事な宝物です。こんなに多産になるとは思いもしなかったな。このスポーツの黎明期だからこそ、こんな素晴らしい機会に恵まれたのでしょう。世界が伸びていく時にその時代の波に乗ることができました。それは僥倖と言うほかありません。自分は本当に幸せなアスリートでした。

 

これまで競技で訪れた海を今度は旅人として訪れてみたいと思っています。世界の海で深さに挑戦してきましたが、これからは世界の海の広さをもっと肌で感じてみたい。まだ見ぬ美しく猛々しくそして手つかずで無垢な自然と海。潜りたい海はまだまだたくさんあります。世界の海は本当に広い。海に暮らすイルカやクジラたち、海底に沈んだ遺跡や洞窟。自分なりの目線でとらえていきたいと思っています。

 

冒険には仲間が必要です。そのために素晴らしいフリーダイバーたちを育成し世界大会へ送り込みます。また世界の海の広さを共有できるワールドツアーを行っていきます。努力することの尊さ、挑戦することの価値、そして水中世界の素晴らしさを伝えることをこれからの人生の柱にしていきたいと思っています。

 

これで戦いは終わりました。

しかしフリーダイバーとして海から学ぶことに終わりはありません。海は心の鏡です。自分の心の内側をいつも教えてくれます。海からのメッセージに心の耳を澄まし、海との対話がいつまでも続くといいなと思っています。

 

18年間見守ってくれた藤本コーチに、これまで競技を通して出会った方々に、応援してくださった皆さんに、潜りを教えてくれた先輩たちに、ともに潜った仲間たちに、そして祖父母、両親、兄弟、家族、親戚たちに、無事に競技人生を終えたことのご報告と心からのお礼を申し上げます。

 

18年間本当にありがとうございました。

 

 

2016年 10月10日

篠宮龍三

2016.07.29 Friday

【8/4 TBSクレイジージャーニー出演】


8/4 深夜0:10から
TBS系列クレイジージャーニーに出演します!

 

なぜ命を賭して水深100m以上の深い海へ挑むのか。
そこにはどんなクレイジーな世界があるのか。
篠宮が思うフリーダイビングの真髄、などなど。
45分たっぷりとお楽しみくださいね。

 

個人的にはスタジオで松本人志さんと至近距離でお話できて緊張と喜びで最高の瞬間を味わいました。小池栄子さんもとってもお綺麗でした〜

 

クレイジーな友人達が多数出演してこられたので、篠宮も今回オファーを頂いてとても嬉しかったです!やったね。祝仲間入り!

 

沖縄、バハマ、離島などで撮影された素敵な水中映像もたっぷりありますよ。

ぜひご覧ください!!


(沖縄では来秋頃の放送予定だそうです)

 

 

http://www.tbs.co.jp/crazyjourney/

2016.07.03 Sunday

OCEAN TRAVELLER 第二弾上映決定!!

 

去年からスタートした水中映像プロジェクト

 

『OCEAN TRAVELLER Ryuzo Shinomiya』

 

の最新作を発表します!!


今回の作品は、冬の海で撮りためた映像をまとめました。
与那国島の海底遺跡、北海道知床の流氷、石垣島のマンタ&コモンシコロサンゴのギネス級の大群落などで泳ぐシーンをたっぷりお見せします。水中だけでなく、空撮シーンもありますよ!


<予告編です!>
https://www.youtube.com/watch?v=cUtai9o1VIQ

 

 

東京公演 合羽橋 Study Style 7/30
https://www.facebook.com/events/266701220366066/

 

チケット販売はすでにスタートしております。

 

東京公演は満員御礼となりました。ありがとうございました。

 

なお葉山公演は諸事情により中止とさせていただきます。


どうぞお早めにお求めください!!
皆様とお会いできることを心から楽しみにしております。

 

篠宮龍三.

 

 

 

2016.06.02 Thursday

水納島クルーズ&素潜りツアー




 

手つかずの水納島のサンゴで素潜りツアー!

〜元気いっぱいのサンゴと白砂、そして美しい水納ブルーの海へ〜

8/27(土)ー28(日)

1日目は真栄田岬でビーチエントリー。
ファン素潜りと簡単なレクチャーを行います。(FUN&FREE!!)

そして二日目は水納島へクルーズ⚓

途中でマグロやカツオが釣れたらプチ解体ショー&試食もあるかも?!(船長の機嫌と海次第で!)🐟

水納島に到着したら、まず午前に2本。
ランチ&シエスタして、午後1本。
たっぷり合計3本潜る予定です!


最高の夏休みをぜひ🌴

フォト派大歓迎です📷

お早めにお申し込みください!!

http://www.apneaworks.com/school/schoolinfo.htm

 

もしくは

school_@_apneaworks.com  (送信時に@前後の_をおとりください)

 

日程 8/27(土)ー28(日) 

プラン 〜迎付き(那覇市内)満員御礼! キャンセル待ち受付中
集合
両日ともに那覇市内ホテルにて8時前後にピックアップいたします。

解散
8/27(土) 那覇市内 15時
8/28(日) 那覇空港 18時


プラン◆仝獣禄弦隋解散 空席あり
集合 
8/27(土) 真栄田岬駐車場 9時
8/28(日) 真栄田漁港駐車場 9時

解散
8/27(土) 真栄田岬駐車場付近 14時
8/28(日) 真栄田漁港駐車場 16時

定員 最大8名*申し込み順 お早めに!


料 金 

プラン 〜迎付き(那覇市内) 定員 4名様
39,500円
(那覇市内からの送迎、ビーチエントリー2本、ボートダイビング3本、ガイド代、保険代)
*前泊分8/26(金)および8/27(土)の宿を那覇市内にて各自お取りください。
*那覇空港までおよび、那覇空港〜那覇市内ホテルの交通費は各自でお願いします。

プラン◆仝獣禄弦隋解散 定員 4名様
36,500円
(ビーチエントリー2本、ボートダイビング3本、ガイド代、保険代)
*真栄田岬&真栄田漁港までの交通費は各自でお願いします。

 

スケジュール

8/27(土)
 8:00 那覇市内ホテル 出発
 9:00 真栄田岬 到着(集合)
10:00 1本目
11:00 2本目
13:00 ランチ
14:00 真栄田岬出発(解散)
15:00 那覇市内 到着 

8/28(日)
 8:00 那覇市内ホテル 出発
 9:00 真栄田漁港 到着(集合)
 9:30 出港
10:30 水納島到着 1本目
11:30 2本目
12:30 ランチ&シエスタ
14:00 3本目
15:00 水納島出発
16:00 帰港 シャワー(解散)
18:00 那覇空港到着 解散






2016.05.27 Friday

スリランカ クジラ天国ツアー





地球最大の動物、シロナガスクジラにアプローチ!

言葉では言い表せないプライスレスな体験になることでしょう。

シロナガスクジラのほか、マッコウクジラ、カツオクジラ、ニタリクジラ、ゴンドウクジラやイルカたちに出会えるチャンスもアリ🐬🐋🐬🐋

そして、この季節ならではの野生動物も!

水場に集まる野生の象さんたちの様子も観察、撮影に行く予定です🐘🐘🐘🐘

水中はもちろん、陸上もそしてドローン空撮も可能!

フォト派大歓迎です。

 

クジラたちにストレスを与えず、より確実に水中観察ができるように小型のボートをチャーターしてアプローチします。そのため、ゲスト様は各回3名までとさせていただきます。

《地球最大の動物》と《地上最大の動物》を両方観察できるまたとないチャンスです!

地球最大の動物祭り!!!

お早めにお問い合わせください。




エレファントギャザリングも!

日程 

。后殖隠亜陛據法治隠検米) 空席1

■后殖隠掘陛據法治横機米) 満員御礼

*どちらかをお選びください
*キャンセル待ちあり
*篠宮は帯同しませんが、他の日程のご案内も可能です!

集合:

。后殖隠亜陛據法。后В械亜\田空港 (スリランカ航空 UL 455 11:20発)

■后殖隠掘陛據法。后В械亜\田空港 (スリランカ航空 UL 455 11:20発)

解散:

。后殖隠検米) 17:30 成田空港 (スリランカ航空 UL 454 7:35着)

■后殖横機米) 17:30 成田空港 (スリランカ航空 UL 454 7:35着)

宿泊先ホテル

9/10 ニゴンボ

9/11−18 シー ロータス パーク ホテル 朝食付き

9/17 ニゴンボ

9/18−24 シー ロータス パーク ホテル 朝食付き

定員 各回 最大3名 *お申し込み順  お早めに! (最少催行人数3名)

料金プラン

A) エア個人手配プラン *エアのみ個人でお取りください

´△箸發

料金 500,000円 7泊9日

(現地宿泊代、ホエールボート4日、保険代)

*別途現地での移動代がかかります。

*成田までの交通費、エアは各自お取りくださいませ。

B)エア&現地費用こみこみプラン

[繕癲。僑娃魁ぃ娃娃葦漾。掲顳稿 9/10(土)ー18(日)

⇔繕癲。僑横魁ぃ娃娃葦漾。掲顳稿 9/17(土)ー25(日)

(成田〜スリランカ国際空港のエア代往復、燃油サーチャージ、成田空港使用料、海外TAX、現地宿泊代、ホエールボート4日、保険代)

*2016年3月現在の値段です。値段が変動することもございます。予めご了承ください。

*別途現地での移動代がかかります。

*成田までの交通費、エアは各自お取りくださいませ。

スケジュール

9/10(土)

 9:30 集合@成田空港

11:20 スリランカ航空 UL 455にてスリランカ国際空港へ

17:10 スリランカ国際空港着  空港近くのホテルに宿泊

9/11(日)

現地へ移動 クジラの水中観察方法の説明/打ち合わせ 

9/12(月) 

9/13(火)

9/14(水) 

9/15(木)

チャーター船でクジラ探索/見つけ次第、水中及び船上観察(1日6時間前後)

9/16(金)

エレファントギャザリングなど観察(クジラ探索予備日)

9/17(土)

国際空港へ移動

19:15 スリランカ国際空港発

9/18(日)

7:35 成田着 

8:30 解散

9/17(土)

 9:30 集合@成田空港

11:20 スリランカ航空 UL 455にてスリランカ国際空港へ

17:10 スリランカ国際空港着  空港近くのホテルに宿泊

9/18(日)

現地へ移動 クジラの水中観察方法の説明/打ち合わせ 

9/19(月) 

9/20(火)

9/21(水) 

9/22(木)

チャーター船でクジラ探索/見つけ次第、水中及び船上観察(1日6時間前後)

9/23(金)

エレファントギャザリングなど観察(クジラ探索予備日)

9/24(土)

国際空港へ移動

19:15 スリランカ国際空港発

9/25(日)

7:35 成田着 

8:30 解散

*現地でのスケジュール、料金などは参加者、現地ガイド、天候などにより変更となる可能性もございます。

お申し込み先

school@apneaworks.com

アプネアワークス

代表

篠宮龍三


カツオクジラ



シロナガスクジラ!!!


マッコウクジラ



PHOTO and MOVIE by
©Taichi Maruyama

2016.05.03 Tuesday

銅メダル獲得!




バハマ大会2016無事に閉幕しました。
応援どうもありがとうございました!!

大会が始まってすぐに実は風邪をひいてしまいまして、、、2週間で作り上げたコンディションがほぼ台無しになってしまいました。他の選手、スタッフも順々に風邪をひいて、皆さんとても厳しい状況でした。まあこれもゲームの一部ですね。。。

今回は、フリーイマージョンを軸に余力があればコンスタント、そしてノーフィンもと思っておりましたが、やはりここは手を広げすぎず、身の丈にあった戦略で行ったほうがいいだろうと判断。他のメンツや自分のコンディションからフリーイマージョンならなんとか表彰台に上れるのではないかと予想を立てて試合に臨みました。完全に弱者の戦略ですね、はい。不利な状況下でどうやって結果を出すか。きついですがこれがまた楽しいんです、うまくハマったときは。幸いにもそれが奏功し、なんとかメダルをいただきました。前回大会は3種目総合で銀メダルでしたので、今回の結果、記録には大満足はできませんが、この時の自分のコンディションから考えればまあまあ納得はできる結果かなと思います。

6本の試合の中でフリーイマージョン種目で96m、98mと成功し、100mを最後に申告しましたが、この日のコンディション的に無理をして突っ込むのはリスクがあると判断し、94mで引き返してきました。あともう少しでしたので、行けたかな、とも思いますが、銅メダルが銀メダルに変わる、というだけですし、アジア記録の更新(104m)にも繋がらないので、ここは無難に引き返しました。

壮大な目標を立ててそれに向かっていく、若かりし頃のイケイケな戦略ではなく、その時の戦力でどれだけのことができるのか、そして一つでも上に行くにはどうすればいいのか、ということを考えるのが非常に楽しくなってきました。自己ベストではないところでリスクをおさえてどう勝つのか、というある意味で「競技的な余生」とも言えなくもないのですが。。。また今回もいろんなことを試行錯誤しながら勉強させてもらいました。

今回はかつての師匠であるウンベルトとも9年ぶりに会って少しお話もできました。また日本人初の世界記録保持者となった木下さゆり選手、主催者ウィリアムの二つの世界記録、また福田朋夏、廣瀬花子両選手のコンスタントアジア記録更新も本当に感動させてもらいました。おめでとうございます!!またインド、中国といったフリーダイビングではまだエマージングな国の選手の活躍も目立ってきました。彼らは僕のアジア記録を狙っていますが、本当にそれは頼もしくうれしいことです。人類初の100mダイブを成功させたジャック・マイヨールからバトンを受け継いだウンベルト。彼が引退して16年。(カプリ島でのラストチャレンジを見に行ったんですよね)ウンベルトの蒔いた競技的な種はここにきてさらに花開こうとしていますね。今回はメディアクルーも多く、今後のこのスポーツの発展が楽しみになってきました。


日本から応援してくださった皆様、ご声援どうもありがとうございました。
万全ではないコンディションの中、大きな励みとなりました。

またいつも支えてくださるスポンサー、サポーターの皆様ご支援ありがとうございました。


オープニングパーティー!
レジェンド、ウンベルトが開会宣言!!




大会オフィシャルムービー



サポートありがとうございました!!

Breitling / ブライトリング

株式会社モビーディック

POwerfins

Viri-Dari Deserta (ヴィリダリ・デセルタ)

Alchemy

Fisheye Japan

Birki's JAPAN (ビルキー)

日清製粉 ウィグライプロ

オードビー

アスリート家族

ボナペティファーム

濱田酒造 海童



日々のトレーニング写真はこちらからご覧ください。
https://www.facebook.com/ShinomiyaRyuzo/

大会の公式サイト(結果はこちらから!)
http://2016.verticalblue.net

大会公式FBページ
https://www.facebook.com/verticalblue

大会公式インスタグラム
https://www.instagram.com/vertical_blue/

2016.04.16 Saturday

1 WEEK TO GO!






バハマに来て1週間。そして大会まで1週間となりました。トータルで6本潜り、まずまずの調子です。トレーニングでは記録を追いすぎず、先を焦らずにまずは大深度へ行くための調整に集中しています。試合前のコンディショニングこそが重要です。

ここからの1週間はこの先の試合を見据えて、ある深度での耳抜きに集中していこうと思っています。同じ深度を繰り返すことで心理的なストレスを減らし、テクニックの習熟のみに集中していこうと考えています。ラストの耳抜きをどの深度でやるか?という課題ですね。(毎度のことながら)マニアックな話ですね(笑)

バハマ大会は11日間。そのうち6本を潜ります。長丁場の大会なので、前半1/3は調整期間と捉えてもいいかもしれません。なのであと10日間くらいはじっくりとコンディションを整えていこうかなと思っています。

今日はオフで明日からまた3日間のトレーニングです!
引き続き応援宜しくお願いします。

スーパースローのムービーも作りましたのでご覧ください。




サポートありがとうございます。

Breitling / ブライトリング

株式会社モビーディック

POwerfins

Viri-Dari Deserta (ヴィリダリ・デセルタ)

Alchemy

Fisheye Japan

Birki's JAPAN (ビルキー)

日清製粉 ウィグライプロ

オードビー

アスリート家族

ボナペティファーム

濱田酒造 海童


大会期間は4/22−5/2です。
日本人選手へのご声援、どうぞ宜しくお願いします。


日々のトレーニング写真はこちらからご覧ください。
https://www.facebook.com/ShinomiyaRyuzo/

大会の公式サイト(結果はこちらから!)
http://2016.verticalblue.net

大会公式FBページ
https://www.facebook.com/verticalblue

大会公式インスタグラム
https://www.instagram.com/vertical_blue/















撮影 
篠宮龍三 
福田朋夏 
岡本美鈴

2016.04.11 Monday

バハマ大会2016!





8回目となるなバハマ大会にエントリーしています。2008年から出場し始めてかれこれ8年。ほぼ毎年のように来ていますが我ながらよく飽きずに来ているなあと思います。それだけこのバハマのブルーホールには尽きない魅力があるということですね。

外洋が荒れていても、このブールホールだけは風も波も流れもブロックされていて本当に潜りやすい環境なのです。他のスポーツで言えば記録がバンバン出てしまう高速プールや高速リンク、といったところでしょうか。ブルーホールは世界で最も記録の出る海なのです。

実際これまでこのブルーホールで作られた世界記録や各国の国内記録、大陸記録などは数知れず。ここ10年間で作られた世界記録の半数以上がこの海で生まれていると思います。自分も初めて100mを超えたのがこのバハマの海なので、思い入れもとても深いです。

そして今回はさらに特別な思いを持ってこの大会に臨んでいます。自分にとって永遠の憧れであり、この世界に入ったきっかけであるジャック・マイヨールさんがデビューしたのがこのバハマの海。1966年6月、彼が39歳の時でした。ジャックさんはここから17年間世界記録を更新しつづけて、1983年、56歳の時にマークした105mの世界記録で幕を引きました。

自分自身は今回39歳で迎えるバハマ大会です。そしてこれまで17年間競技をしてきました。ジャックさんは39歳から17年間。そして私は39歳まで17年間。いろいろな事柄が重なります。偉大なレジェンドと比肩するつもりは全くありませんし、単純に数の羅列や比較など恐れ多いとは思います。ただ今回の大会はこれまでにも増して、個人的には意義深いものになりそうです。ジャックさんのフォロワーとして彼の記録にちなんだ記録を私なりに作りたいと思います。


サポートありがとうございます。

Breitling / ブライトリング

株式会社モビーディック

POwerfins

Viri-Dari Deserta (ヴィリダリ・デセルタ)

Alchemy

Fisheye Japan

Birki's JAPAN (ビルキー)

日清製粉 ウィグライプロ

オードビー

アスリート家族

ボナペティファーム

濱田酒造 海童


大会期間は4/22−5/2です。
日本人選手へのご声援、どうぞ宜しくお願いします。


日々のトレーニング写真はこちらからご覧ください。
https://www.facebook.com/ShinomiyaRyuzo/

大会の公式サイト(結果はこちらから!)
http://2016.verticalblue.net

大会公式FBページ
https://www.facebook.com/verticalblue

大会公式インスタグラム
https://www.instagram.com/vertical_blue/




















記事検索
月別アーカイブ

プロフィール

篠宮龍三
篠宮 龍三.
しのみや りゅうぞう
プロ・フリーダイバー

2004年 日本人初のプロ選手となる。

2005年 世界ランク1位入賞。(フリーイマージョン種目)

2005〜2007年 国際大会三年連続総合優勝(エジプト、フランス、エジプト)

2008年4月バハマにて、アジア人初の水深100mに到達。世界ランク2位入賞。(コンスタント種目)

2009年4月にはジャック・マイヨールの自己最高記録の水深105mに到達。同年12月には水深107mのアジア記録をマークし、マイヨール越えを達成。(コンスタント種目)

2010年4月にはバハマにて水深115mの現アジア記録を達成。(コンスタント種目)
同年7月は自らオーガナイザーとなり沖縄で世界選手権をアジア初開催。また日本代表キャプテンとして参加し、銀メダル獲得。

2013年5月カリビアンカップにて水深56mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新。同年10月バリ大会にてコンスタント種目優勝。

2014年12月バハマ大会にて水深66mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新(通算37個目のアジア記録)

2015年4月バハマ大会にて総合準優勝。アジア人男性初のメダル獲得。

国内初のプロ選手として国際大会を中心に参戦中。競技活動の傍ら、スクールや大会も運営する。

OneOceanを自身のメッセージに掲げ、海洋保護を訴えるイベントをプロデュースしている。

一般社団法人沖縄フリーダイビング協会を立ち上げ、代表理事として沖縄でのフリーダイビングの振興を行う。

本の紹介
素潜り世界一
心のスイッチ
ブルー・ゾーン