篠宮龍三.オフィシャルブログ One Ocean〜海はひとつ!

2017.06.14 Wednesday

イベント情報

 

6〜8月のイベント情報です!

東京、大阪、新潟でみなさんとお会いできることを楽しみにしています。

ご来場お待ちしております!

 

 

 

 

●【新潟】篠宮龍三写真展 開催 (スリークダイバーズウォッチキャンペーン中)

6/10(土)ー29(木) 無料

沖縄、ハワイ、スリランカ、ロシアで撮った水中写真を展示いたします。

 

*6/29(木)17−20時に在廊予定です。

 

詳細はこちらから

http://www.threec.jp/divers-watch2017

 

スリーク新潟

 〒951-8063 新潟県新潟市中央区古町通6番町988

025-211-8330

 

 

 

●【東京】素潜り水深100mから見た世界の海 講演

7/18(火) 18:30〜 1000円

 

素潜りでどれだけ深く潜れるかを競い合うフリーダイビング競技を約20年間行ってきました。これまで沖縄、地中海、紅海、ハワイ、カナダ、カリブ海などの世界の海へ遠征。また昨年競技を引退し、今年はロシアのバイカル湖、スリランカの海世界に訪れ、素潜りで撮影してきました。世界の海で今何がおきているのか?写真や映像、そして実体験をもとにお話しさせていただきます

 

詳細&お申し込みはこちらから

http://www.sjnkef.org/kouza/kouza2017/?p=35

 

損保ジャパン日本興亜 本社ビル 2F大会議室

東京都新宿区西新宿1-26-1 新宿駅西口より徒歩7分

 

 

 

●【大阪】篠宮龍三 x 丸山太一 / クジラ王国スリランカ・報告会スライドショー

地球最大の動物シロナガスクジラ、マッコウクジラの群れ、カツオイルカ、ニタリクジラをはじめとしたスリランカならではのクジラたちを写真と動画でお見せしていきます。

 

7/21(金)19時〜 5000円

 

詳細&お申し込みはこちらから

https://www.facebook.com/events/142321939657487/?acontext=%7B%22ref%22%3A%222%22%2C%22ref_dashboard_filter%22%3A%22calendar%22%2C%22action_history%22%3A%22[%7B%5C%22surface%5C%22%3A%5C%22permalink%5C%22%2C%5C%22mechanism%5C%22%3A%5C%22surface%5C%22%2C%5C%22extra_data%5C%22%3A[]%7D]%22%7D

 

イタリアンクラシコ お初天神店
 大阪市北区曽根崎2−14−4
 050−5570−1068

 

 

●【大阪】プロフリーダイバー篠宮龍三氏 ×プロカメラマン金城佳一氏によるトークイベント 『ONE OCEAN〜海はひとつ』 ソニーストア大阪

7/22(土)&23(日) 無料

 

篠宮による、沖縄を中心とした世界中の海の写真や映像をご覧いただきながら、沖縄県出身のカメラマン・金城氏と共に撮影秘話やテクニックなどを交え紹介していきます。

 

詳細&お申し込みはこちらから(以下リンクをコピぺしてブラウザに貼り付けてご利用ください)

https://ers-sony.secure.force.com/SEvent/pageEventDetailEVT?e=a2O5F000001FmOYUA0&p=大阪

 

ソニーストア大阪 イベントスペース

大阪市北区梅田2-2-22 ハービスエント4F

 

 

 

2017.04.07 Friday

*空席1*【トンガ ザトウスイム ツアー】

ザトウクジラのキングダムへ!!

 

 

トンガの美しい海でお腹の白い南半球のザトウクジラたちと思いっきりスイムしましょう🐳

 

現地では、オリンピックメダリストのスイマー御用達のボートを使用し、経験豊富な現地クルーがサポートします。

スイム派もフォトも派大歓迎です。
 
クジラたちにストレスを与えず、より確実に水中観察ができるように小型のボートをチャーターしてアプローチします。
そのため、ゲストは各回6名程度までとさせていただきます。

お早めにお問い合わせください。

 

日程 
WEEK 1) 9/13(水)ー20(水) 空席1
WEEK 2) 9/20(水)ー27(水) 満席 

 

宿泊先ホテル
ババウハーバービューホテル

 

定員 各回 最大6名 *お申し込み順  お早めに! (最少催行人数3名)

 

料金 475,000円 
(現地宿泊代7泊、ホエールボート5日、船上ランチ、トンガタプーババウ往復エア代、帰路オークランドのトランジット宿泊代、保険代)

 

*別途、日本からトンガタプまでのエア、現地ホテルまでの移動代がかかります。
*オススメのエアプランなどご紹介できますのでご相談ください。

 

スケジュール

WEEK 1
9/13(水)ホテルチェックイン
   クジラの水中観察方法の説明/打ち合わせ

9/14(木)
9/15(金) 
9/16(土)
9/17(日) 
9/18(月)
チャーター船でクジラ探索/見つけ次第、水中及び船上観察(1日6時間前後)

 

9/19(火)予備日(この日にチェックアウト、空港移動も可能)

9/20(水)チェックアウト 空港へ移動

9/21(木)帰国

 

 

WEEK 2
9/20(火)チェックイン
  クジラの水中観察方法の説明/打ち合わせ

9/21(木)
9/22(金) 
9/23(土)
9/24(日) 
9/25(月)
チャーター船でクジラ探索/見つけ次第、水中及び船上観察(1日6時間前後)

 

9/26(火)予備日(この日にチェックアウト、空港移動も可能)

9/27(水)チェックアウト 空港へ移動

9/28(木)帰国

 

 

*現地でのスケジュール、料金などは参加者、現地ガイド、天候などにより変更となる可能性もございます。

*ご希望に合わせたスケジュールでのプランニングも可能です。お問い合わせください。

*写真はすべて今回お世話になるクルーから頂いたものです。

 

 

 

 

 

2017.01.20 Friday

スリランカ クジラツアー2017 開催決定!

 

 

 

 

 

地球最大の動物、シロナガスクジラにアプローチ!

プライスレスな体験です!!

 

シロナガスクジラのほか、マッコウクジラ、カツオクジラ、ニタリクジラ、ゴンドウクジラやイルカたちに出会えるチャンスもアリ🐬🐋🐬🐋

 

そして、この季節ならではの野生動物も!

 

サファリでゾウ、ヒョウやクジャクなどにアプローチできるかも!

またこの土地ならではの遺跡などもご希望、場合によっては訪れる予定です。

 

水中はもちろん、陸上もそしてドローン空撮も可能!

フォト派大歓迎です。

 

クジラたちにストレスを与えず、より確実に水中観察ができるように小型のボートをチャーターしてアプローチします。そのため、ゲスト様は各回3名までとさせていただきます。

 

《地球最大の動物シロナガスクジラ》と《魚類最大のジンベイザメ》《地上最大の動物ゾウ》を観察できるまたとないチャンスです!

 

地球最大の動物祭り!!!

 

お早めにお問い合わせください。

 

 

 

日程 

3/25(土)ー4/2(日) 

 

集合:

3/25(土) 9:30 成田空港 (スリランカ航空 UL 455 11:20発)

 

解散:

4/2(日)  17:30 成田空港 (スリランカ航空 UL 454 7:35着)

 

宿泊先ホテル

 

3/25 ニゴンボ

4/1  シー ロータス パーク ホテル 朝食付き

 

 

定員 各回 最大3名 *お申し込み順  お早めに! (最少催行人数3名)

 

料金プラン

A) エア個人手配プラン *エアのみ個人でお取りください

料金 509,000円 7泊9日

(現地宿泊代、現地移動費(ニゴンボートリンコマリー)、ホエールボート4日、保険代)

*別途現地での移動代がかかります。

*成田までの交通費、エアは各自お取りくださいませ。

 

 

B)エア&現地費用こみこみプラン

 

料金 592,000円 7泊9日 3/25(土)ー4/2(日)

(成田〜スリランカ国際空港のエア代往復、燃油サーチャージ、成田空港使用料、海外TAX、現地宿泊代、現地移動費(ニゴンボートリンコマリー)、ホエールボート4日、保険代)

*2016年12月現在の値段です。値段が変動することもございます。予めご了承ください。

*別途現地での移動代がかかります。

*成田までの交通費、エアは各自お取りくださいませ。

 

*現地でのスケジュール、料金などは参加者、現地ガイド、天候などにより変更となる可能性もございます。

 

お申し込み先

school@apneaworks.com

アプネアワークス

代表

篠宮龍三

 

 

 

 

2016.10.10 Monday

18年間ありがとうございました。

 

いつも応援してくださる皆さんへ

18年目となる2016年シーズンもおかげさまで無事に終わろうとしています。今季も応援ありがとうございました。

そして、

18年間応援ありがとうございました。

篠宮龍三は今シーズンをもって現役を引退することにしました。

 

2004年に5年間勤めた会社を辞めてプロになり、常に「プロとは何か」を考えてきました。

「記録を更新し続け、世界で活躍する」

これが以前から変わらない自分の思うプロのあり方。この3年間、いつ引退するのかも真剣に考えてきました。

記録が出ず、表彰台に立てなくなったら終わり。そのときは競技をやめようと思って大会に出てきました。

 

この3年間を振り返ってみると、

2014年はバハマでノーフィンのアジア新。2015年は同じくバハマで総合準優勝。そして今年2016年はまたバハマでフリーイマージョン種目銅メダル。

 

パフォーマンスと結果が年々低下していることは分かっています。ささやかな結果を出しながらも先の見えない焦りや不安、寂しさがありました。やはり世界には届かないのではないだろうかと。

そして来年はおそらく記録もメダルもないだろうなと今年のバハマで感じました。また現役のアスリートとしてこれ以上何かできること、やるべきこともないだろうなとも思い、大会後、本当に清々しい気持ちでバハマの海を離れました。

 

野球やサッカーのプロアスリートは球団や企業に雇われていて、結果が出なければ解雇されます。しかしフリーダイビングのプロ選手は所詮自称プロに過ぎません。少なくとも篠宮はそうです。結果が出なくても自称プロ選手を続けることは可能です。しかしそれは自分の思うプロ像とは違います。記録とメダルが取れなければ自分で自分を解雇しなければなりません。結果が出ないプロなんてプロとは言えないから。

 

かつての師匠ウンベルト・ペリザリに今年のバハマ大会で久しぶりに会い、今季で引退することを伝えました。

Do what you feel. Follow your instance!

感じるままに自分の瞬間を追いかけろ!

 

そう言ってくれました。彼は僕の好きなことやこれからのことを分かっているかのようです。ウンベルトは僕が初めてアジア新を出す前も伸び悩む自分に素敵な言葉で背中を押してくれました。師の一言はなんて偉大なんだろう。心の宝です。

 

人類で初めて100mを超えたジャック・マイヨールの存在を20年前に知り、彼に憧れてこの世界に入りました。自分の人生の半分をフリーダイビングとともに歩んできました。ジャックもフリーダイビングも知らなかったら一体どんな人生を歩んでいたのか、想像すらできません。こんなにも充実した時間を過ごすことができてジャックにもフリーダイビングにも感謝してもしきれません。生きる希望を与えてくれたのですから。ジャックの足跡を追い、2002年から2008年にかけて、61m、76m、86m、100m、101m、105mと旅をしてきました。ウンベルトがジャックの記録をより難易度の高い種目でフォローしてきたように、それに倣って記録を追ってきたのです。ジャックが実際に当時の記録を打ち立てたり訪れたりしたハワイ、伊豆、マルセイユ、バハマの海で、アジア記録を更新し、まるでジャックとともに旅をしてきたかのようでした。実際に言葉を交わすことはなかったけれど、ジャックを追いかける旅は本当に幸せでした。

その後は、2009年から2010年に107m、108m、115m。ついにジャックの記録を超えることができました。そして世界記録への挑戦をしてきました。一番好きなコンスタント種目やフリーイマージョン種目でチャレンジしてきましたが、もはや時間が足りませんでした。技術も精神も未熟でした。本気で世界記録を目指すならジャックの記録をフォローすることをどこかで諦め、プロになってからは世界記録への挑戦にできるだけ早くシフトすべきだったのかもしれません。しかし無視するかのようにジャックの記録を通り過ぎ、世界に手を伸ばすことはどうしてもできませんでした。僕にとっての記録は単なる数字ではなく、マイルストーンのようにとても大事なものだから。ウンベルトもジャックの記録をそのように扱っていました。その場所からはどんなグランブルーが見えるのか。先人たちの偉業に思いを馳せることが最大のリスペクトだと思ったのです。

限られた競技人生の中で、最高のレベルで能力と機会が噛み合わなければ世界記録は生まれないということは分かっています。しかし、世界記録よりロマンを追い求めた自分の競技人生に悔いはありません。自分は自分の時間を使い切ったと思っています。プロになった頃は努力と時間を積み重ねればいつかは全ての夢は叶うんだと思っていました。そうではなかった。でもやりたいようにやらせてもらいました。むしろ叶った夢の方が多いと思います。全てのことに時があります。始まりがあり、終わりがある。自分にもその時が来たようです。

 

自分の人生の半分をすごしてきたこの競技から離れることは、身体の一部がもがれるような辛さがあります。引退を意識し始めた数年前から、それはどれほどの寂しさと痛みなのかと想像を巡らし、また失うことの辛さに耐えられるよう心の中でイメージしてきました。これ以上心の底から燃え上がるものに出会うことはこの先の人生でもうないでしょう。そう思うと寂しくてたまりません。しかしいいのです。心を燃やし尽くすものに出会えただけで満足です。失う痛みをこの数年イメージしてきたおかげで、今はとても前向きな気持ちになっています。新しいことへの挑戦に心を躍らせています。

 

今は無事に競技人生を終えることができてほっとしています。これまで大切な仲間たちを海で失ってきました。心のどこかにいつも漠然とした死への恐怖感があったのです。この数年は一年一年、撤退戦だと思って戦ってきました。とにかく生き残ることを念頭において無事にゴールすることが何よりだと思ってきました。40歳を目前にした時、予期せぬアクシデントひとつで競技人生ばかりか人生そのものも危うくしかねないと感じていたからです。ワンミスが命取りです。だからとにかく無理せず、心身ともに疲れを残さずコンディションをキープすることを第一にしてきたのです。大好きな海で死にたくはないから。少なくとももうこれで、競技で命を落とすことはありません。これからは本当に穏やかな気持ちで海と向き合えるでしょう。むしろこれからが楽しみなのです。

 

ジャック・マイヨールは39歳から競技を始め、18年間記録を更新してきました。彼の最大の偉業はやはり人類初の100mダイブだと思います。それが達成されたのは奇しくも篠宮が生まれた1976年の11月でした。本当に勝手ながら自分は彼とのご縁を感じていました。だからアジア人で初めての100mダイブを達成するんだと心に誓ってきました。また篠宮は39歳まで18年間競技をしてきたことになります。ジャックファンには大変僭越で申し訳ないのですが、39歳からと39歳まで、ふたつの18年間の競技人生が交錯したようにも思えます。もちろん偉大なジャックに比肩したとはつゆほども思いません。もし彼がまだ生きていたならどんな言葉をかけてくれるのでしょうか。まだいけるぞ!なのか、もういいよ、なのか。それともはたして。走り終えた後に語り合いたかったな。

 

振り返ってみると、これまで37個のアジア記録を作ってきたことになります。無心で出せたものはほとんどなく、苦しみながら出してきた、でこぼこでいびつな記録たち。なんとかひねり出した時や風邪ひきで出した時もありました。自己最高記録が一番可愛いのではなく、むしろダメな子ほど可愛いとさえ思います。ともあれ全て愛しい37のわが子たち。大事な宝物です。こんなに多産になるとは思いもしなかったな。このスポーツの黎明期だからこそ、こんな素晴らしい機会に恵まれたのでしょう。世界が伸びていく時にその時代の波に乗ることができました。それは僥倖と言うほかありません。自分は本当に幸せなアスリートでした。

 

これまで競技で訪れた海を今度は旅人として訪れてみたいと思っています。世界の海で深さに挑戦してきましたが、これからは世界の海の広さをもっと肌で感じてみたい。まだ見ぬ美しく猛々しくそして手つかずで無垢な自然と海。潜りたい海はまだまだたくさんあります。世界の海は本当に広い。海に暮らすイルカやクジラたち、海底に沈んだ遺跡や洞窟。自分なりの目線でとらえていきたいと思っています。

 

冒険には仲間が必要です。そのために素晴らしいフリーダイバーたちを育成し世界大会へ送り込みます。また世界の海の広さを共有できるワールドツアーを行っていきます。努力することの尊さ、挑戦することの価値、そして水中世界の素晴らしさを伝えることをこれからの人生の柱にしていきたいと思っています。

 

これで戦いは終わりました。

しかしフリーダイバーとして海から学ぶことに終わりはありません。海は心の鏡です。自分の心の内側をいつも教えてくれます。海からのメッセージに心の耳を澄まし、海との対話がいつまでも続くといいなと思っています。

 

18年間見守ってくれた藤本コーチに、これまで競技を通して出会った方々に、応援してくださった皆さんに、潜りを教えてくれた先輩たちに、ともに潜った仲間たちに、そして祖父母、両親、兄弟、家族、親戚たちに、無事に競技人生を終えたことのご報告と心からのお礼を申し上げます。

 

18年間本当にありがとうございました。

 

 

2016年 10月10日

篠宮龍三

2016.07.29 Friday

【8/4 TBSクレイジージャーニー出演】


8/4 深夜0:10から
TBS系列クレイジージャーニーに出演します!

 

なぜ命を賭して水深100m以上の深い海へ挑むのか。
そこにはどんなクレイジーな世界があるのか。
篠宮が思うフリーダイビングの真髄、などなど。
45分たっぷりとお楽しみくださいね。

 

個人的にはスタジオで松本人志さんと至近距離でお話できて緊張と喜びで最高の瞬間を味わいました。小池栄子さんもとってもお綺麗でした〜

 

クレイジーな友人達が多数出演してこられたので、篠宮も今回オファーを頂いてとても嬉しかったです!やったね。祝仲間入り!

 

沖縄、バハマ、離島などで撮影された素敵な水中映像もたっぷりありますよ。

ぜひご覧ください!!


(沖縄では来秋頃の放送予定だそうです)

 

 

http://www.tbs.co.jp/crazyjourney/

2016.07.03 Sunday

OCEAN TRAVELLER 第二弾上映決定!!

 

去年からスタートした水中映像プロジェクト

 

『OCEAN TRAVELLER Ryuzo Shinomiya』

 

の最新作を発表します!!


今回の作品は、冬の海で撮りためた映像をまとめました。
与那国島の海底遺跡、北海道知床の流氷、石垣島のマンタ&コモンシコロサンゴのギネス級の大群落などで泳ぐシーンをたっぷりお見せします。水中だけでなく、空撮シーンもありますよ!


<予告編です!>
https://www.youtube.com/watch?v=cUtai9o1VIQ

 

 

東京公演 合羽橋 Study Style 7/30
https://www.facebook.com/events/266701220366066/

 

チケット販売はすでにスタートしております。

 

東京公演は満員御礼となりました。ありがとうございました。

 

なお葉山公演は諸事情により中止とさせていただきます。


どうぞお早めにお求めください!!
皆様とお会いできることを心から楽しみにしております。

 

篠宮龍三.

 

 

 

2016.06.02 Thursday

水納島クルーズ&素潜りツアー




 

手つかずの水納島のサンゴで素潜りツアー!

〜元気いっぱいのサンゴと白砂、そして美しい水納ブルーの海へ〜

8/27(土)ー28(日)

1日目は真栄田岬でビーチエントリー。
ファン素潜りと簡単なレクチャーを行います。(FUN&FREE!!)

そして二日目は水納島へクルーズ⚓

途中でマグロやカツオが釣れたらプチ解体ショー&試食もあるかも?!(船長の機嫌と海次第で!)🐟

水納島に到着したら、まず午前に2本。
ランチ&シエスタして、午後1本。
たっぷり合計3本潜る予定です!


最高の夏休みをぜひ🌴

フォト派大歓迎です📷

お早めにお申し込みください!!

http://www.apneaworks.com/school/schoolinfo.htm

 

もしくは

school_@_apneaworks.com  (送信時に@前後の_をおとりください)

 

日程 8/27(土)ー28(日) 

プラン 〜迎付き(那覇市内)満員御礼! キャンセル待ち受付中
集合
両日ともに那覇市内ホテルにて8時前後にピックアップいたします。

解散
8/27(土) 那覇市内 15時
8/28(日) 那覇空港 18時


プラン◆仝獣禄弦隋解散 空席あり
集合 
8/27(土) 真栄田岬駐車場 9時
8/28(日) 真栄田漁港駐車場 9時

解散
8/27(土) 真栄田岬駐車場付近 14時
8/28(日) 真栄田漁港駐車場 16時

定員 最大8名*申し込み順 お早めに!


料 金 

プラン 〜迎付き(那覇市内) 定員 4名様
39,500円
(那覇市内からの送迎、ビーチエントリー2本、ボートダイビング3本、ガイド代、保険代)
*前泊分8/26(金)および8/27(土)の宿を那覇市内にて各自お取りください。
*那覇空港までおよび、那覇空港〜那覇市内ホテルの交通費は各自でお願いします。

プラン◆仝獣禄弦隋解散 定員 4名様
36,500円
(ビーチエントリー2本、ボートダイビング3本、ガイド代、保険代)
*真栄田岬&真栄田漁港までの交通費は各自でお願いします。

 

スケジュール

8/27(土)
 8:00 那覇市内ホテル 出発
 9:00 真栄田岬 到着(集合)
10:00 1本目
11:00 2本目
13:00 ランチ
14:00 真栄田岬出発(解散)
15:00 那覇市内 到着 

8/28(日)
 8:00 那覇市内ホテル 出発
 9:00 真栄田漁港 到着(集合)
 9:30 出港
10:30 水納島到着 1本目
11:30 2本目
12:30 ランチ&シエスタ
14:00 3本目
15:00 水納島出発
16:00 帰港 シャワー(解散)
18:00 那覇空港到着 解散






2016.05.27 Friday

スリランカ クジラ天国ツアー





地球最大の動物、シロナガスクジラにアプローチ!

言葉では言い表せないプライスレスな体験になることでしょう。

シロナガスクジラのほか、マッコウクジラ、カツオクジラ、ニタリクジラ、ゴンドウクジラやイルカたちに出会えるチャンスもアリ🐬🐋🐬🐋

そして、この季節ならではの野生動物も!

水場に集まる野生の象さんたちの様子も観察、撮影に行く予定です🐘🐘🐘🐘

水中はもちろん、陸上もそしてドローン空撮も可能!

フォト派大歓迎です。

 

クジラたちにストレスを与えず、より確実に水中観察ができるように小型のボートをチャーターしてアプローチします。そのため、ゲスト様は各回3名までとさせていただきます。

《地球最大の動物》と《地上最大の動物》を両方観察できるまたとないチャンスです!

地球最大の動物祭り!!!

お早めにお問い合わせください。




エレファントギャザリングも!

日程 

。后殖隠亜陛據法治隠検米) 空席1

■后殖隠掘陛據法治横機米) 満員御礼

*どちらかをお選びください
*キャンセル待ちあり
*篠宮は帯同しませんが、他の日程のご案内も可能です!

集合:

。后殖隠亜陛據法。后В械亜\田空港 (スリランカ航空 UL 455 11:20発)

■后殖隠掘陛據法。后В械亜\田空港 (スリランカ航空 UL 455 11:20発)

解散:

。后殖隠検米) 17:30 成田空港 (スリランカ航空 UL 454 7:35着)

■后殖横機米) 17:30 成田空港 (スリランカ航空 UL 454 7:35着)

宿泊先ホテル

9/10 ニゴンボ

9/11−18 シー ロータス パーク ホテル 朝食付き

9/17 ニゴンボ

9/18−24 シー ロータス パーク ホテル 朝食付き

定員 各回 最大3名 *お申し込み順  お早めに! (最少催行人数3名)

料金プラン

A) エア個人手配プラン *エアのみ個人でお取りください

´△箸發

料金 500,000円 7泊9日

(現地宿泊代、ホエールボート4日、保険代)

*別途現地での移動代がかかります。

*成田までの交通費、エアは各自お取りくださいませ。

B)エア&現地費用こみこみプラン

[繕癲。僑娃魁ぃ娃娃葦漾。掲顳稿 9/10(土)ー18(日)

⇔繕癲。僑横魁ぃ娃娃葦漾。掲顳稿 9/17(土)ー25(日)

(成田〜スリランカ国際空港のエア代往復、燃油サーチャージ、成田空港使用料、海外TAX、現地宿泊代、ホエールボート4日、保険代)

*2016年3月現在の値段です。値段が変動することもございます。予めご了承ください。

*別途現地での移動代がかかります。

*成田までの交通費、エアは各自お取りくださいませ。

スケジュール

9/10(土)

 9:30 集合@成田空港

11:20 スリランカ航空 UL 455にてスリランカ国際空港へ

17:10 スリランカ国際空港着  空港近くのホテルに宿泊

9/11(日)

現地へ移動 クジラの水中観察方法の説明/打ち合わせ 

9/12(月) 

9/13(火)

9/14(水) 

9/15(木)

チャーター船でクジラ探索/見つけ次第、水中及び船上観察(1日6時間前後)

9/16(金)

エレファントギャザリングなど観察(クジラ探索予備日)

9/17(土)

国際空港へ移動

19:15 スリランカ国際空港発

9/18(日)

7:35 成田着 

8:30 解散

9/17(土)

 9:30 集合@成田空港

11:20 スリランカ航空 UL 455にてスリランカ国際空港へ

17:10 スリランカ国際空港着  空港近くのホテルに宿泊

9/18(日)

現地へ移動 クジラの水中観察方法の説明/打ち合わせ 

9/19(月) 

9/20(火)

9/21(水) 

9/22(木)

チャーター船でクジラ探索/見つけ次第、水中及び船上観察(1日6時間前後)

9/23(金)

エレファントギャザリングなど観察(クジラ探索予備日)

9/24(土)

国際空港へ移動

19:15 スリランカ国際空港発

9/25(日)

7:35 成田着 

8:30 解散

*現地でのスケジュール、料金などは参加者、現地ガイド、天候などにより変更となる可能性もございます。

お申し込み先

school@apneaworks.com

アプネアワークス

代表

篠宮龍三


カツオクジラ



シロナガスクジラ!!!


マッコウクジラ



PHOTO and MOVIE by
©Taichi Maruyama

2016.03.31 Thursday

【4K】石垣島ツアームービー

先日開催した石垣島ツアーの模様をムービーにまとめました。

黒島でのマンタスイム、石垣付近のコモンシコロサンゴの大群落は圧巻でした!

もし4Kモニターをお持ちの方はYouTubeのモードを4Kモードにしてからご覧ください。
サンゴやマンタの質感も高精細で伝わるかと思いますよ。



これからもアプネアワークスは素潜りでダイナミックに遊ぶツアーを国内外でどんどん開催していきます!





お問い合わせお待ちしております。
http://www.apneaworks.com/school/schoolinfo.htm

素潜りツアー
http://blog.apneaworks.com/?eid=1041170

2016.03.01 Tuesday

アプネアワークス株式会社 出航します!


いつもお世話になっております皆様へ



大安吉日の本日3月1日にアプネアワークスは株式会社としてあらたに船出します!

2003年より、約12年間、このアプネアワークスという屋号で活動してきました。これからは法人として、これまでのスクール、ツアー運営はもとより、競技活動、メディア活動、講演活動、執筆、そして水中映像作品の撮影と制作そして発表などを行っていきたいと思います。

これから改めて、フリーダイバーとしてこの地球の青をどれだけ見つけることができるか、イルカやクジラたちにどれだけ近付けるか、ワクワクしております。この星を飛び出すくらいの勢いでチャレンジしていきます!

さあ、みなさん、ともに世界の大海原へ漕ぎだしましょう!

今後ともどうぞ宜しくお願いします。

 

*今後段階的に一般社団法人フリーダイビング協会の業務をアプネアワークス株式会社へ移行していく所存です。

2016年3月1日
アプネアワークス株式会社
代表取締役
篠宮龍三

記事検索
月別アーカイブ

プロフィール

篠宮龍三
篠宮 龍三.
しのみや りゅうぞう
プロ・フリーダイバー

2004年 日本人初のプロ選手となる。

2005年 世界ランク1位入賞。(フリーイマージョン種目)

2005〜2007年 国際大会三年連続総合優勝(エジプト、フランス、エジプト)

2008年4月バハマにて、アジア人初の水深100mに到達。世界ランク2位入賞。(コンスタント種目)

2009年4月にはジャック・マイヨールの自己最高記録の水深105mに到達。同年12月には水深107mのアジア記録をマークし、マイヨール越えを達成。(コンスタント種目)

2010年4月にはバハマにて水深115mの現アジア記録を達成。(コンスタント種目)
同年7月は自らオーガナイザーとなり沖縄で世界選手権をアジア初開催。また日本代表キャプテンとして参加し、銀メダル獲得。

2013年5月カリビアンカップにて水深56mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新。同年10月バリ大会にてコンスタント種目優勝。

2014年12月バハマ大会にて水深66mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新(通算37個目のアジア記録)

2015年4月バハマ大会にて総合準優勝。アジア人男性初のメダル獲得。

国内初のプロ選手として国際大会を中心に参戦。2016年10月、18年間の競技生活に幕を閉じる。現在は沖縄でスクールや海外ツアー、大会等を運営する。

OneOceanを自身のメッセージに掲げ、海洋保護を訴えるイベントをプロデュースしている。

一般社団法人沖縄フリーダイビング協会を立ち上げ、代表理事として沖縄でのフリーダイビングの振興を行う。

本の紹介
素潜り世界一
心のスイッチ
ブルー・ゾーン