篠宮龍三.オフィシャルブログ One Ocean〜海はひとつ!

2006.12.13 Wednesday

応援ありがとうございました


エジプトを離れて今はドバイでトランジット中です
この空港は広く綺麗で、フリーインターネットスペースやスタバもありなかなか快適
これからカナダのカ−ク&マンディ−と同便で関空へ向かいます



エジプト世界選手権12日間本当にあっという間でした・・・

総合順位は男子4位 女子8位

男子はコンスタント&スタティックの総合得点で一位につけていたので最後のダイナミックは堅実に行ってとにかくメダルを持ち帰るつもりでしたが3人ともにそれぞれの目標をコンプリ−ト出来ず、暫定4位だったフランスに逆転されてしまいました

その個人の目標はそれぞれの自己ベストに対し決して高すぎる非現実的なものではなく、達成すれば確実にメダルをとれていたのでその目標設定自体は間違ってはいなかったと思います

16度という低いプール水温、運営のタイムカウントミス、連日の練習と競技からくる疲れ、睡眠不足、ストレス、プレッシャー・・・
様々なマイナス要因がそれぞれにのしかかっていたのだと思います
大会においてトラブルや不測の事態、ヒューマンエラーは往々にして起こりうるものなのでそれに動じない強い心や自己管理、リスクマネジメントも必要だと感じました




世界選手権メダリストの夢はまたも果たせませんでしたが、前回は5位で今回は4位なので、次回はまた一つ順位を上げて3位以内を狙います!

絶対あきらめないぞ−!!


メダルも大事ですがやっぱり記録や勝負を超えたものに出会えたのが1番の収穫かな

オ−ガナイザ−のヤヒアが開会式で言っていた言葉が忘れられません

『この世には西と東の世界がある、エジプトには3つの宗教がある だけどフリーダイビングの世界には西も東もない 宗教もない、俺達の世界は一つなんだ!』


全く同じことを考えながらエジプトに入ったのでヤヒアの言葉を聞いた時、鳥肌が立って涙そうそうになりそうでした

選手、サポート、スタッフ全員が世界が一つになる瞬間を感じられた、本当に素晴らしい世界大会でした



選手とサポートにフリーダイビングウエットス−ツを支給してくださったアポロスポーツさん、選手のサポートとして帯同してくれた大澤智子さん、西村祐子さん、また選手にメッセージを寄せてくれた皆さん応援ありがとうございました



2006.12.12 Tuesday

結果発表


男子優勝はデンマーク
女子はロシア

日本はメダルを逃しました
残念・・・

しかしたくさんの出会いと気付きに感謝です

ありがとう

ONE OCEAN



2006.12.11 Monday

スタティック結果


スタティック結果です

男子は4位
女子は11位


でした

今のところコンスタント&スタティックの総合順位はなんと男子1位!!!

女子は7位となっています


明日のダイナミックでいよいよワ−ルドチャンピオンが決まります!



GO JAPAN GO!!!

2006.12.10 Sunday

コンスタント結果


日本男子はチェコに次いで二位(やはり一日天下でした・・・)

女子は四位

いずれもメダル圏内です

やはり男子女子ともにコンスタントでフランスを抜いたのがうれしい!

明日はスタティックです!

2006.12.09 Saturday

世界最深


篠宮82、富永80、大島62全選手成功です!

そして日本のフリーダイバ−の皆さんに超BIG NEWS!!

日本チ−ムは、世界選手権三連覇のイタリアチ−ムが第三回イビサ大会でたたき出したコンスタントのチ−ム総合得点213点(ウンベルト73 タビデ70 ガスパ−レ70)を11点上回る224点をメイクし、今この瞬間世界歴代最深国です!

明日になればチェコが日本を上回るかもしれませんが今日という日は我々にとっても歴史的な一日なのです
また仮にチェコに抜かれてもコンスタントの世界チャンピオン・ギオム擁するフランスを抜いてコンスタント部門2位以内確定です!

イタリアにもフランスにも勝っています!


今回日本男子は世界記録も日本記録も自己ベストも出していませんが安全第一のチ−ム戦略により最強常勝国を負かしているのです
もちろんチ−ムのアベレージも上がってきています
これぞチ−ムタクティクス!これぞチ−ム戦の醍醐味なり!
自分が日本記録を更新するよりもはるかにうれしい!こんな素晴らしい瞬間があるからアプネアはやめられない!
この日を一生忘れないだろう

We are the DEEPEST!(right now)


2006.12.08 Friday

−61m


平井美鈴選手 61m成功!
コンスタント女子日本新記録達成!!

4年前のハワイパシフィックカップで篠宮が作った当時の日本記録61mをフォローしてくれました!

ちなみに夏の沖縄大会では日本代表・大島選手がやはり61mを決めてくれました

この61mはジャック・マイヨ−ルが打ち立てたその当時のコンスタント世界記録
レジェンドに対するリスペクトとロマンを閉じ込めたマジックナンバー61

コンスタント新日本女王誕生!!
初日は幸先のいいスタートです
平井選手おめでとう

明日は
篠宮 82
富永 80
大島 62

です

応援よろしくお願いします

2006.12.05 Tuesday

OFFICIAL TRAINING


コンスタントのオフィシャルトレーニングが終わりました

これから作戦会議をしていよいよ深度申告です!

2006.12.03 Sunday

KICK OFF



2006.12.02 Saturday

CAIRO


ドバイを経由してカイロに入りました
あと一本乗り継いでようやくハルガダ空港へ
カイロからハルガタはたったの一時間ですがトランジットはなんと11時間・・・
フランス、キプロス、ギリシャ、ベネズエラと合流して同便でハルガダ入りです!

2006.11.30 Thursday

エジプト世界選手権

明日からエジプトで世界選手権が始まります

チーム戦での世界選手権は今回で5回目

全部で22カ国がエントリーしています


チーム戦では個人プレーに走って、その結果ポカをやると

チームの順位ががた落ち、総崩れとなってしまいます

しかし、イージーすぎる申告だとかえってモティベーションが

上らずフォーカスできないので、チーム戦略を第一にしつつ、

また個人の力も発揮できる申告がちょうどいいかと思います

そこのバランスが難しいのですが、チーム戦の醍醐味でもあります

安全第一は言うまでもなく、やはり楽しんでやるのが一番ですね


エジプトのレッドシーには去年初めて行きましたが

サンゴも魚も透明度も素晴らしく、地球上にこんなに美しい

海がまだあったのか!と感動させられました

あの美しい紅海でどんなドラマが待っているのか?

世界のトップダイバーと紅海の化学反応! 



またスポ−ツの持てるソ−シャルパフォーマンスにも期待しています

イスラム社会のエジプトで、西洋で発展してきたフリーダイビングの

世界選手権が行われます

思想、文化、習慣、価値観の大いなる相違、

民族紛争、終わらない対テロ戦争・・・


エジプトでは楽しい事だけではないでしょう

見たくないことも見るだろうし、聞きたくないこともたくさんあるだろう

しかしもっとも大事なのは個人が個人をリスペクトすることだと思います

『リスペクトすること』これはスポーツマンシップにも相通ずるところが

あます

また多様な価値観が並列に存在する真の意味で豊かな社会を築いていくため

に人種や国境を越えたこういった世界的なスポーツイベントはおおきな意味

があるといつも考えています 

これこそスポーツのソーシャルパフォーマンスだと思います



今回日本代表チーム2006にアポロスポーツより、選手、コーチに

フリーダイビングウエットスーツを支給していただきました

またコーチとしてマッサージセラピストの西村祐子さん(モアナブルー)

帯同して選手のケアをしてくださる事になりました


心より御礼申し上げます

記事検索
月別アーカイブ

プロフィール

篠宮龍三
篠宮 龍三.
しのみや りゅうぞう
プロ・フリーダイバー

2004年 日本人初のプロ選手となる。

2005年 世界ランク1位入賞。(フリーイマージョン種目)

2005〜2007年 国際大会三年連続総合優勝(エジプト、フランス、エジプト)

2008年4月バハマにて、アジア人初の水深100mに到達。世界ランク2位入賞。(コンスタント種目)

2009年4月にはジャック・マイヨールの自己最高記録の水深105mに到達。同年12月には水深107mのアジア記録をマークし、マイヨール越えを達成。(コンスタント種目)

2010年4月にはバハマにて水深115mの現アジア記録を達成。(コンスタント種目)
同年7月は自らオーガナイザーとなり沖縄で世界選手権をアジア初開催。また日本代表キャプテンとして参加し、銀メダル獲得。

2013年5月カリビアンカップにて水深56mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新。同年10月バリ大会にてコンスタント種目優勝。

2014年12月バハマ大会にて水深66mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新(通算37個目のアジア記録)

2015年4月バハマ大会にて総合準優勝。アジア人男性初のメダル獲得。

国内初のプロ選手として国際大会を中心に参戦。2016年10月、18年間の競技生活に幕を閉じる。現在は沖縄でスクールや海外ツアー、大会等を運営する。

OneOceanを自身のメッセージに掲げ、海洋保護を訴えるイベントをプロデュースしている。

一般社団法人沖縄フリーダイビング協会を立ち上げ、代表理事として沖縄でのフリーダイビングの振興を行う。

本の紹介
素潜り世界一
心のスイッチ
ブルー・ゾーン