篠宮龍三.オフィシャルブログ One Ocean〜海はひとつ!

2007.07.29 Sunday




スロベニア日本選手団とチアリーダーからお花が届きました

どうもありがとう

お花にはダイナミックウィズフィン日本新記録をお祝いするメッセージが

添えられています なんだか泣けてきます・・・


出発前にヨーロッパへ遠征するのを辞めようかと考えた事もありました

現地に着いてからもOT5分前に物凄いプレッシャーを感じキャンセル

しようかとも思いました

正直、苦しくて倒れそうでした

でも逃げ出さずに一歩を踏み出せた事は大きな価値があったと思っています

メダルには届かなかったけど、得るものはたくさんありました

いつも通りではなかったけど、いつもと同じように準備し、ベストを

尽くそうとした自分がいたことは誇りに思います


そういった意味で世界選手権は人間として成長する機会を与えてくれました

ありがとうスロベニア!

2007.07.26 Thursday

スロベニア打ち上げ

ロケで沖縄に来た団長を囲んでスロベニア打ち上げIN沖縄!

スロベニア・・・
ホントにアツかったね〜

ナイスな音楽がガンガンかかっていてアスリートとオ−ディエンスが一体になった大会でしたね

日本のアプネアも盛り上げて行こうぜ!!!


2007.07.11 Wednesday

no title

2007.07.09 Monday

no title

2007.07.06 Friday

STA決勝

スタティックファイナリストとなりハ−バ−トやスティグら世界の強豪トップ8とファイナルバトル

身震いするほどの緊迫感だがそのステージで戦えることが最高にHAPPYだ


タイムは7分02秒で五位
メダルは逃してしまったがベストは尽くしたので悔いはない


応援ありがとう!

2007.07.06 Friday

STA予選&DYN決勝

スタティック予選は7分21秒を出して一位で通過
ダイナミックB決勝では奮わず150mでUP・・・

明日はスタティックA決勝でメダルを狙います

2007.07.06 Friday

FINAL



2007.07.05 Thursday

DYN予選

ダイナミックウィズフィン予選で173mの日本、アジア新記録樹立、しかし予選10位のためB決勝への進出となった
悔しいが、明日はA決勝に負けないパフォーマンスを出したい

そして明日のスタティック予選ではA決勝進出そしてあさってはメダルを狙うぞ!

応援のメールありがとう! 力になります

マリボルより

2007.07.01 Sunday

Show must go on

2007.06.29 Friday

VIENNA

アブダビで給油してウィーンに到着
涼しくて爽やかな気候だ
夕方今野組と合流し陸路でスロベニア・マリボルへ
それまで日がなカフェでまったりくつろぐことにしよう


記事検索
月別アーカイブ

プロフィール

篠宮龍三
篠宮 龍三.
しのみや りゅうぞう
プロ・フリーダイバー

2004年 日本人初のプロ選手となる。

2005年 世界ランク1位入賞。(フリーイマージョン種目)

2005〜2007年 国際大会三年連続総合優勝(エジプト、フランス、エジプト)

2008年4月バハマにて、アジア人初の水深100mに到達。世界ランク2位入賞。(コンスタント種目)

2009年4月にはジャック・マイヨールの自己最高記録の水深105mに到達。同年12月には水深107mのアジア記録をマークし、マイヨール越えを達成。(コンスタント種目)

2010年4月にはバハマにて水深115mの現アジア記録を達成。(コンスタント種目)
同年7月は自らオーガナイザーとなり沖縄で世界選手権をアジア初開催。また日本代表キャプテンとして参加し、銀メダル獲得。

2013年5月カリビアンカップにて水深56mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新。同年10月バリ大会にてコンスタント種目優勝。

2014年12月バハマ大会にて水深66mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新(通算37個目のアジア記録)

2015年4月バハマ大会にて総合準優勝。アジア人男性初のメダル獲得。

国内初のプロ選手として国際大会を中心に参戦。2016年10月、18年間の競技生活に幕を閉じる。現在は沖縄でスクールや海外ツアー、大会等を運営する。

OneOceanを自身のメッセージに掲げ、海洋保護を訴えるイベントをプロデュースしている。

一般社団法人沖縄フリーダイビング協会を立ち上げ、代表理事として沖縄でのフリーダイビングの振興を行う。

本の紹介
素潜り世界一
心のスイッチ
ブルー・ゾーン