篠宮龍三.オフィシャルブログ One Ocean〜海はひとつ!

2009.12.10 Thursday

?107m 記録更新後のコメント

バハマに来てくれたライター&カメラマンの野田さんが篠宮のコメント記事をアップしてくれました。

テキストだけでなく写真、動画もあります。


ぜひご覧ください!

apnea report by Ikuko NODA
http://apneareport.tumblr.com/post/276315711/wc-cnf-107m-locals-dive-off

2009.12.10 Thursday

TEAM 龍三

16763_192615351027_603676027_3086709_2110312_n

バハマより帰国しました。
いまのところ時差ボケはさほどなく、快調です。日本は寒いですがひと月ぶりにホッと落ち着いています。やっぱり日本はいいなあ。


バハマ世界選手権において“TEAM龍三”にご協力いただきました皆様ありがとうございました。

チームのユニフォームを作成いただきました義志さん、
日本の美と和とスポーツが見事に融合した最高にかっこいいユニフォームでした!世界中の選手からもかなり注目度が高かったです。ミスユニバースの日本代表コスチュームデザイナーにサポートいただけて本当に光栄です。奇しくも今年のMUもバハマでしたね!

またSKINSさんからは上下でロングのアンダースーツをサポートいただきました。いまや様々なジャンルで世界中のトップアスリートが使用しています。オフの時や飛行機での長期移動でも効果を実感しました。飛行機を降りた時に足にむくみがなく、軽やかに動くのを実感しました。まさに疲れた時にこそ実感するアンダースーツ、着るサプリメントですね。

ウエットスーツのサポートはモビーさん。今回はあらたに3ミリのフルスーツを製作していただきました。世界の選手たちはツーピースを捨ててフルスーツへと移行し始めています。その流れのなかいち早く世界のトレンドをフォローしてくださり感謝しています。世界を狙えるスーツです!

BALL WATCH JAPANさんからは、軽く、薄く、そしてもちろん頑丈なダイバーズをサポートしていただきました。ブルーホールの暗闇の中でも文字盤のマイクロガスライトがとても明るく輝いていました。暗闇に浮かぶジュエリーのように美しかったです。そして見守られているようで心強かったです!

いつもサポートをいただいているスポーツサングラスプロショップのオードビーさん、今回もオークリーのフレームにスペシャルなレンズを装着してくださりありがとうございました!バハマのきつい日差しの下、快適に運転と競技の準備が出来ました。

そしてサポートチームのみんな!忙しい中、バハマまでわざわざ来てくれて本当にありがとう。本橋先生青山マネージャー、ばんちゃん、すごくうれしかったよ!とても大きな力になりました。

そしてそして大会期間中にブログにコメントを寄せてくれた皆さん!メールをくれた皆さん!メッセージカードを送ってくれたライツスタッフの皆さん!スクール生の皆さん!本当にいつもありがとうございます。うまくいっても失敗してもあたたかく応援してくれて・・・泣けるほどうれしかったです。今回ほど皆さんの声援のありがたみを感じたことはありません。

本当にありがとうございました!

来年も世界を狙っていきます。

更なる応援をよろしくお願いします。


OneOcean!

14736_192859833201_665633201_3204879_1481596_n


2009.12.03 Thursday

応援ありがとうございました!

バハマ世界選手権の大会期間中に行われた、ミニ大会(Locals Dive-Off)においてコンスタント種目の日本新記録を樹立しました。本戦では予選落ちしてしまったため、今回新たに取り組んだコンディショニングとテクニックの成果を試す絶好にして最後の機会となりました。チャンスを頂けて本当にうれしく思います。

深度は107m 
(前記録105m 2009年4月3日 バハマ 篠宮龍三)

ダイブタイムは3分23秒
(潜行2分11秒/浮上1分12秒)


現地3週間のトレーニングとコンディショニングには手応えがありましたので、110m前後へのトライは大丈夫だろうと感じていました。また予選では不甲斐ない結果に終わってしまいましたので、ひとつでもなにかを日本に持ち帰りたいと思っていました。

しかしここで気負ったり、焦ったりしては予選の二の舞です。今日は、結果はともかくひとつひとつのプロセスや準備に十分注意を払いながら潜ろうと心に決めていました。


というのは、昨日は焦りがありました。
自分の前に潜る選手はスウェーデンのヨハン。過去3回ギリシャの大会で100mにトライし3回ともブラックアウト。。。自分の潜る番の前にブラックアウトをされると場が荒れてしまい、非常に潜りにくくなってしまいます。また、フリーダイバーはゴーグルの中に海水を入れて空洞内に圧変化が起きないようにして使用します。しかしあまり早くゴーグルの中に水を入れてしまうと海水が鼻涙管から鼻に浸入し、粘膜が海水に反応して、涙や鼻水、粘液が耳管にも浸入。その結果耳管を完全に塞いでしまうことがあるのです。そして耳抜きが出来なくなってしまいます。

ヨハンにブラックアウトされたら困る、だから早めに器材を装着してもしもの時に備えておこう、と考えていたのです。それが仇となり耳が完全にロックしてしまいました。そして篠宮が予選落ちしたため、ヨハンが繰り上がり決勝進出。なんとも皮肉なものです。ヨハンめ〜!ともあれ情報に振り回された自分の負け。そしてこれは初歩的なイージーミスでした。100mを越えるというのはワンミスが命取りにもなりかねません。ひとつひとつぬかりなく準備しないといけません。

ということで今日はゴーグルの中にはスタート直前まで海水を入れないようにしていました。おかげで鼻水もなし、耳もクリアでした!


こちらの準備はばっちりでしたが・・・
大会は人間がやるものですから選手だけでなく運営チームにもミスはつきもの。競技エリアのプラットフォームに着くなり、まだスタートまで10分以上あるのに「スタート2分前!」とカウントされたり・・・たった一度の大事なラストチャンスを棒に振りたくはありませんのでサポートにじっくり交渉したもらい事無きを得ました。やはり持つべきものは友ですね。それにしてもヒヤヒヤでした。集中が切れてもう潜れないかも?これはキャンセルすべきか??と嫌なムードにもなりかけました。

また今日は耳は両耳ともに快調でしたが、ゴーグルの右側がなぜか全く見えず左目だけで潜りました。。。トラブルはいろいろ重なるものですね。しかしビジョンが薄れたおかげでより耳抜きの感覚にフォーカスできました。これは吉と出た!と考えたいですね。



今日このミニ大会には3人の日本人選手が参戦。北浜選手はノーフィンで50m、平井選手はコンスタントで71m、篠宮はコンスタントで107m。三人ともにそろって日本新でした!日本女子がノーフィンで50mを悠々と越え、コンスタントでも70mを楽々越えていく・・・凄い時代ですね。おめでとう!

そして篠宮は今回自分の持つ日本記録105mを塗り替えて107mという深度に潜れて本当にうれしく思っています。自分がフリーダイビングを始めたきっかけとなったジャック・マイヨールさんの自己最高記録はノーリミット種目で105m。この105mという記録に今春のバハマ大会で並ぶことができてその時はとても大きな達成感を得ました。10年かけて憧れのフリーダイバーと同じ深さまで潜ることができてとても幸せな気持ちでいっぱいでした。達成した直後はもう競技を辞めてもいいと思えるほどの達成感と喜び、でした。。。

そのためか、その後数ヶ月はすこしバーンアウトしていたかもしれません。10年かけて追いかけてきた夢を実現させて、次に狙うのは世界記録!といきたいところですが、春のバハマ大会では目の前でハーバートに120mまで記録を伸ばされ、その後にマーティンに122mまで持っていかれ・・・つぎはどこを目指せばいいのやら?・・・目標を見失っていたのだと思います。

ですので、今回のバハマでは1mでもいいから記録を更新したいと考えていました。先に10年来の夢を実現させた、と書きましたが、実現というよりも解放された安堵感のほうが大きかったのかもしれません。会社員を辞めてプロに転向しようやくたどり着いた105mという場所。・・・やはり燃え尽きた感はややありました。そしてこれからはジャックさんの背中を追いかける旅を終えてまたあらたなステージへ進んでいきたいと考えていたのです。ジャックさんの訪れたグランブルーのその先へ。彼が潜ったことのない海の深みへと・・・。それができてようやく自分なりのスタイルやメッセージを発信していけるのではないかな、とも思っています。


107mという場所。
とても静かで穏やかなところでした。完璧な静寂と真の闇。深度の証明タグが設置してあるボトムプレ−トの下にはライトが点いています。暗闇の中を照らす一条の光・・・その光に向かって降りていくといくと、まるで宇宙空間のなかでスペースステーションに宇宙船がドッキングしていくかのような・・・そんな宇宙的な感覚と光景でした。ライトを向こうにしてシルエットで浮かび上がるボトムプレートは本当に宇宙船のようでした。そしてそこへ到達して浮上までの間はどこかスローモーションを見ているようでもありました。
そしてジャックさんが訪れたことのないグランブルーはやっぱり少し寂しげだったかな。彼の不在を、様々な意味において感じてしまうようで。
その場所はありのままの大自然を感じられる純粋無垢な海でした。人間という存在は単独で生きているのではなく、自然のなかで生かされているのだと感じられるような。そして「神は細部に宿る」と言いますがやはり神様って自然の中にいるのかな。そんな思いもしてきます。





ファイナルへはもうどうやっても進めません。もう過ぎたことは仕方ありません。そして当然メダルもありません。しかし、メダルや記録よりも大事なもの、この先へいくためのメソッドを手にすることができました。107mのボトムでもまだ耳に余裕がありました。110m+はまず大丈夫だと思います。またさらに技術を磨けば120mに近づける感触もあります。ただ浮上直後の酸素飽和度はなんと66%、一般の方なら低酸素症で気を失う手前の状態です。これは今後のトレーニング課題となりそうです。今回は予選落ちしてしまいましたが、二年後のメダルへたどり着くためのロードマップは手にすることができました。二年後の世界選手権個人戦ではさらに世界全体でレベルアップが起きているでしょう。でも大丈夫、120mへ到達するためのメソッドは体の中にしまってあります。目に見えるメダルではなく、目には見えないメソッドを持ち帰ります。



“空手還郷”



いままさにそんな思いです。



そしてこれからは自分のオリジナルの旅が始まります。

新章スタート!


これからはグランブルーのでっかいキャンパスに自分にしか描けない夢を描いていきたいと思います。

これからもどうぞあたたかいご声援をよろしくお願いします。




DSCF8356
DSCF8358
DSCF8365
DSCF8368
DSCF8346
DSCF8373
DSCF8378
DSCF8379
DSCF8387
DSCF8405
DSCF8407

2009.12.03 Thursday

日本新記録達成!

12622deb.jpg

コンスタント種目で日本記録、アジア記録を達成しました。

水深107m  3:25


皆さん応援ありがとうございます!

取り急ぎ報告まで。。。

2009.12.02 Wednesday

予選。

コンスタント種目男子の予選が行われました。


今回は順当にいけば予選通過のはず、だったのですが、、、

結果から言うと予選落ちしてしまいました。

申告した101mという数字はなんら問題なくクリアできる深度。

そして耳抜きの技術も今までになく磨いてきました。


ところが、耳管のコンディションがいつになく悪く、

ジャックナイフをしたところから耳抜きがほとんど出来ない

状態でした。

まるで風邪を引いたときのように粘液で耳管が詰まっていました。


それでもだましだまし潜ってみたものの90mで完全にブロック。

あえなく浮上となりました。まだ空気はあったのですが。。。


応援していただいた皆さんには大変申し訳なく思います。

本当にすみませんでした。


これでファイナルには進めなくなってしまいました。

しかしこの3週間のコンディショニングとそこで培った技術

は今までになく手応えのあるものです。


ここで終わりにするにはもったいないと思います。

明日はミニ大会があるので参加してみたいと思います。

自己ベスト更新と日本新記録を狙っていきます。


最後まで応援よろしくお願いします。




2009.11.30 Monday

last training...

DSCF8250

予選前のラストのトレーニング。ジャパンチームは9時にBHビーチに集合し練習開始。篠宮はトップバッターで潜らせてもらいました。


深度は101m タイムは3分25秒。


結局95m前後を12本潜り、最後に100mを越えました。今までは現地に入ったら、出来るだけ早く100mを越えようと焦って調整していましたが、今回からはじっくり焦らずに仕上げてきました。そして今日はボトムでもとても余裕を持って耳抜きが出来て、息にも余裕がありました。ボトムで耳抜き用のエアを口の中に残すことができました。あと一回は耳抜きが出来るでしょう。105−110mへの手応えがありました。最後にBTVという耳抜きの技術(随意耳管開放法)を入れていけば110mも越えられるかもしれないと思っています。

95mのダイブを繰り返すことで耳抜きの技術をこれでもか!というほど磨いてきましたが、ラストに100mをしっかりと決めることができて、新たに取り組んだコンディショニング方法が奏効したと思っています。

明日のお昼に深度申告して、あさって予選です。
予選を突破し決勝に進むのは6名。現状で6名の100mダイバーがいます。まずは予選をきっちり越えること、ですね。

みなさん応援ありがとうございます!!

本当にいつも力になっています。

感謝です!

DSCF8268DSCF8276
DSCF8253
DSCF8257
DSCF8263
DSCF8264
DSCF8265
DSCF8266
DSCF8282
DSCF8291
DSCF8298

DSCF8294
DSCF8303
DSCF8304
DSCF8305
DSCF8308
DSCF8309
DSCF8311
DSCF8316
DSCF8321



2009.11.29 Sunday

training days

DSCF8242
DSCF8245
DSCF8249
DSCF8241

2009.11.29 Sunday

速報 ノーフィン 男子予選

7728_164545970932_727400932_3394100_7663683_n

岡本耕輔選手 40m 成功!(自己ベスト)

北原達馬選手 43m ロープ 失格

お疲れさまでした。


ノーフィン 男子予選通過は

ウィリアム・トラブリッジ 85m

ウィリアム・ウィンラム 80m NR

ギオム・ネリー 73m

モルガン    73m

クリスチャン  73m

ハーバート・ニッチ 74m タグなし ー1ポイント


となっています。

2009.11.28 Saturday

BLUE SKY IN BAHAMAS

IMG_1251photo-1
IMG_1199
IMG_1209
photo-2


2009.11.27 Friday

オフィシャルトレーニング

DSCF8205

オフィシャルトレーニング二日目。

大会へ向けてみんな自己ベストも沢山出ています。

日本チームも調子を上げつつあります。

今日のトレーニングは98m 3分20秒。

ボトムでもまだ耳に余裕と空気を残しました。

100m+も大丈夫でしょう。

あとは二回ほど練習して100mを越えて、予選となります。

予選を突破できるのは6名。

100mを出せばクリアするでしょう。

しかし大切なのは決勝です。

あえて予選は100mを潜らず、力を温存しておいて、決勝でガツンといくか?

それとも予選を100mで突破し、ファイナリストの力量を考えて決勝でのメダルのラインを冷静に見据えて安全にいくか?

それも戦略です。


そして95m+をひたすら繰り返し、耳抜きのテクニックを磨く新しいコンディショニング方法も板についてきました。

今まで以上にうまくなっている手応えを感じます。

まだまだ進化できるはず!



篠宮 98mの闇へ。
DSCF8189

カナダからやってきたセーフティーチーム
DSCF8195

米田選手 70m成功!
DSCF8193
DSCF8197

広瀬選手 自己ベスト42mクリア!
DSCF8203
DSCF8210
DSCF8214

平井選手65m!
DSCF8221
DSCF8228

石渡選手 ノーフィン18m 軽くクリア。
昨日は20mで自己ベスト!連日伸ばしています。
DSCF8227

広瀬選手が取ってきてくれたアジ!
米田選手が塩、オリーブオイル、セージで味付けしてオーブンでホイル焼き!最高でした。
IMG_1276

篠宮は野菜たっぷりのスペシャルシチューを作りました。
合宿状態のジャパンチーム!
みんなで囲む食卓はやはり心が和みます。
IMG_1277

記事検索
月別アーカイブ

プロフィール

篠宮龍三
篠宮 龍三.
しのみや りゅうぞう
プロ・フリーダイバー

2004年 日本人初のプロ選手となる。

2005年 世界ランク1位入賞。(フリーイマージョン種目)

2005〜2007年 国際大会三年連続総合優勝(エジプト、フランス、エジプト)

2008年4月バハマにて、アジア人初の水深100mに到達。世界ランク2位入賞。(コンスタント種目)

2009年4月にはジャック・マイヨールの自己最高記録の水深105mに到達。同年12月には水深107mのアジア記録をマークし、マイヨール越えを達成。(コンスタント種目)

2010年4月にはバハマにて水深115mの現アジア記録を達成。(コンスタント種目)
同年7月は自らオーガナイザーとなり沖縄で世界選手権をアジア初開催。また日本代表キャプテンとして参加し、銀メダル獲得。

2013年5月カリビアンカップにて水深56mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新。同年10月バリ大会にてコンスタント種目優勝。

2014年12月バハマ大会にて水深66mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新(通算37個目のアジア記録)

2015年4月バハマ大会にて総合準優勝。アジア人男性初のメダル獲得。

国内初のプロ選手として国際大会を中心に参戦。2016年10月、18年間の競技生活に幕を閉じる。現在は沖縄でスクールや海外ツアー、大会等を運営する。

OneOceanを自身のメッセージに掲げ、海洋保護を訴えるイベントをプロデュースしている。

一般社団法人沖縄フリーダイビング協会を立ち上げ、代表理事として沖縄でのフリーダイビングの振興を行う。

本の紹介
素潜り世界一
心のスイッチ
ブルー・ゾーン