篠宮龍三.オフィシャルブログ One Ocean〜海はひとつ!

2009.07.20 Monday

沖縄カップ総合結果 & 大会閉幕!

沖縄 フリーダイビングカップ 2009
総合結果

順位 名前 CWT STA DYF 総合得点
1 酒井博 65 48.4 84.5 197.9
2 今野喜朗 55 66.8 63 184.8
3 北原達馬 45 72.8 62 179.8

1 平井美鈴 58 67.2 66.5 191.7
2 菅友美 30 54.8 54 138.8
3 原千香子 19 51 52 122

男子総合優勝の酒井博選手、女子総合優勝の平井美鈴選手は去年の沖縄カップに引き続き、二連覇達成となりました。おめでとうございます。ベテランの安定した潜りもさることながら、新人、若手選手の成長も著しく、今後のフリーダイビング界がさらに盛り上がることと期待しています。


厳しい海況のときもありましたが、3日間なんとか天候にも恵まれて安全に閉幕することができました。スタッフ、選手、ジャッジ、港の皆さん、プールのスタッフの皆さん、スポンサー、メディアの皆様のおかげです。また閉会式には琉球大学ラクロス部の皆さんが駆けつけてくれました。本当にありがとうございました!

来年の沖縄大会は世界選手権を誘致して開催したいと考えております。実現すれば日本はもちろん、アジア圏で初めてのフリーダイビング世界選手権の開催となります。世界中のフリーダイバーと青く澄んだちゅら海をシェアすることができたらどんなに素晴らしいことでしょう。

今後も多くの皆様の温かいご理解とご協力をよろしくお願いします。

ONE OCEAN!

 


結果の詳細はこちらをご覧ください。
沖縄カップ
http://www.apneaworks.com/OFC2009result.htm

DEEP沖縄
http://www.apneaworks.com/deep2009result.htm






 

コメント一覧

コメントする










トラックバック

記事検索
月別アーカイブ

プロフィール

篠宮龍三
篠宮 龍三.
しのみや りゅうぞう


フリーダイバー

AIDAマスターインストラクター

写真家



2004年 日本人初のプロ選手となる。

2005年 世界ランク1位入賞。(フリーイマージョン種目)

2005〜2007年 国際大会三年連続総合優勝(エジプト、フランス、エジプト)

2008年4月バハマにて、アジア人初の水深100mに到達。世界ランク2位入賞。(コンスタント種目)

2009年4月にはジャック・マイヨールの自己最高記録の水深105mに到達。同年12月には水深107mのアジア記録をマークし、マイヨール越えを達成。(コンスタント種目)

2010年4月にはバハマにて水深115mの現アジア記録を達成。(コンスタント種目)
同年7月は自らオーガナイザーとなり沖縄で世界選手権をアジア初開催。また日本代表キャプテンとして参加し、銀メダル獲得。

2013年5月カリビアンカップにて水深56mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新。同年10月バリ大会にてコンスタント種目優勝。

2014年12月バハマ大会にて水深66mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新(通算37個目のアジア記録)

2015年4月バハマ大会にて総合準優勝。アジア人男性初のメダル獲得。

国内初のプロ選手として国際大会を中心に参戦。2016年10月、18年間の競技生活に幕を閉じる。現在は沖縄でスクールや海外ツアー、大会等を運営する。

OneOceanを自身のメッセージに掲げ、海洋保護を訴えるイベントをプロデュースしている。

本の紹介
素潜り世界一
心のスイッチ
ブルー・ゾーン