篠宮龍三.オフィシャルブログ One Ocean〜海はひとつ!

2009.10.23 Friday

10 bars

バハマ大会へ向けた大深度トレーニングが続きます。今日は90mを越えました。夏以来の10気圧です。92m、3分11秒のグランブルーへの旅。

90mの海は、10Lの風船が1Lに萎んでしまう高気圧環境です。

90mを越えると窒素酔いも80m台とはまるで違います。判断力も鈍ってきます。キーンという金属音が聞こえてきます。。。しかしここで自分を信じることが出来なければ100mのバリアを突破することは出来ません。90mを越えると窒素が体中に回ってきます。手足の感覚は薄れ、頭もぼーっとしてくるのです。そんなとき、もう止めて上がりたい、という欲求が生じます。100mという海は自分を信じる力を試されるステージなのです。



台風20号と前線の隙間のエアポケットのような時間帯でした。べた凪。波、流れもさほどなく心地いい海でした。今はもう荒れ始めています。。。次はいつ海に入れるのやら。

台風が近づいています。沖縄県内にお住まいの皆さん、どうぞお気をつけて。

 

コメント一覧

コメントする










トラックバック

記事検索
月別アーカイブ

プロフィール

篠宮龍三
篠宮 龍三.
しのみや りゅうぞう


フリーダイバー

AIDAマスターインストラクター

写真家



2004年 日本人初のプロ選手となる。

2005年 世界ランク1位入賞。(フリーイマージョン種目)

2005〜2007年 国際大会三年連続総合優勝(エジプト、フランス、エジプト)

2008年4月バハマにて、アジア人初の水深100mに到達。世界ランク2位入賞。(コンスタント種目)

2009年4月にはジャック・マイヨールの自己最高記録の水深105mに到達。同年12月には水深107mのアジア記録をマークし、マイヨール越えを達成。(コンスタント種目)

2010年4月にはバハマにて水深115mの現アジア記録を達成。(コンスタント種目)
同年7月は自らオーガナイザーとなり沖縄で世界選手権をアジア初開催。また日本代表キャプテンとして参加し、銀メダル獲得。

2013年5月カリビアンカップにて水深56mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新。同年10月バリ大会にてコンスタント種目優勝。

2014年12月バハマ大会にて水深66mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新(通算37個目のアジア記録)

2015年4月バハマ大会にて総合準優勝。アジア人男性初のメダル獲得。

国内初のプロ選手として国際大会を中心に参戦。2016年10月、18年間の競技生活に幕を閉じる。現在は沖縄でスクールや海外ツアー、大会等を運営する。

OneOceanを自身のメッセージに掲げ、海洋保護を訴えるイベントをプロデュースしている。

本の紹介
素潜り世界一
心のスイッチ
ブルー・ゾーン