篠宮龍三.オフィシャルブログ One Ocean〜海はひとつ!

2010.05.02 Sunday

共同通信

2010年4月30日付

篠宮、潜水で115メートル 

〇…バハマで28日まで開かれたフリーダイビングの世界選手権で日本の篠宮龍三(しのみや・りゅうぞう)(33)が、空気タンクや重りを使わずフィンの力だけでどれだけ深く海に潜れるかを競う種目で、自己の持つアジア記録を更新する水深115メートルをマーク。「世界記録まであと9メートル。次につながるステップになった」と喜びを語り、世界記録(124メートル)更新に意欲を示した。
篠宮は映画「グラン・ブルー」を通じ、フリーダイビングの先駆者でフランス人のジャック・マイヨール氏(故人)の存在を知って競技を始めた。現在、日本で唯一のプロのフリーダイバー。(共同)








2010年5月1日付 朝刊以降 各地方紙

通年企画「心の聖地」―スポーツ、あの日から―(17)
「水深100?」

マイヨール知り挑戦始める
「師」越え107?を記録
素潜りアジア王者篠宮龍三

クジラかイルカのように体をしならせ、篠宮龍三(33)
は垂らしたロープに沿って真っ青な海を潜り始めた。
沖縄県恩納村の真栄田岬沖。季節はまだ春。晴天とはいえ、水温20度は少しひんやりするが、透明度は高く、太陽の光が海の中で水晶の柱のように輝く。

・・・以下各地方紙にて掲載予定


http://www.kyodo.co.jp/index.html



 

コメント一覧

コメントする










トラックバック

記事検索
月別アーカイブ

プロフィール

篠宮龍三
篠宮 龍三.
しのみや りゅうぞう


フリーダイバー

AIDAマスターインストラクター

写真家



2004年 日本人初のプロ選手となる。

2005年 世界ランク1位入賞。(フリーイマージョン種目)

2005〜2007年 国際大会三年連続総合優勝(エジプト、フランス、エジプト)

2008年4月バハマにて、アジア人初の水深100mに到達。世界ランク2位入賞。(コンスタント種目)

2009年4月にはジャック・マイヨールの自己最高記録の水深105mに到達。同年12月には水深107mのアジア記録をマークし、マイヨール越えを達成。(コンスタント種目)

2010年4月にはバハマにて水深115mの現アジア記録を達成。(コンスタント種目)
同年7月は自らオーガナイザーとなり沖縄で世界選手権をアジア初開催。また日本代表キャプテンとして参加し、銀メダル獲得。

2013年5月カリビアンカップにて水深56mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新。同年10月バリ大会にてコンスタント種目優勝。

2014年12月バハマ大会にて水深66mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新(通算37個目のアジア記録)

2015年4月バハマ大会にて総合準優勝。アジア人男性初のメダル獲得。

国内初のプロ選手として国際大会を中心に参戦。2016年10月、18年間の競技生活に幕を閉じる。現在は沖縄でスクールや海外ツアー、大会等を運営する。

OneOceanを自身のメッセージに掲げ、海洋保護を訴えるイベントをプロデュースしている。

本の紹介
素潜り世界一
心のスイッチ
ブルー・ゾーン