篠宮龍三.オフィシャルブログ One Ocean〜海はひとつ!

2011.10.25 Tuesday

Heavenly...

??-24


まだ夢の中にいるようです・・・。
小笠原の海のパワーをまたまた見せつけられました。

午前中は全く逃げるそぶりを見せない、遊ぶ気満々の
ハンドウイルカ15頭ほどの群れに遭遇。
ようやくイルカと遊ぶシーンをしっかり撮ることが出来ました。
南島の海底に広がる白砂の上で縦横無尽に泳ぎ回るハンドウ達の群れ。
今回はたくさん絡んでくれて、イルカにまみれてきました。
手を伸ばして泳いでいたらイルカの尾びれの先端に触れてしまいました。
あのときのヒレ先へのタッチの感触は忘れないだろうなあ。
太陽の光も燦々と白い海底まで降り注ぎ、それはそれは夢のように
美しい映像になりました。

イルカ達は小一時間ほど遊んでくれました。
撮影のため、水中にいるのはイルカ、篠宮、カメラマンのみ。
ラッキーなことに他の船もいません。
小笠原の天使達を独り占めしたかのような本当に贅沢な時間でした。
ほんとに申し訳ないほどに・・・おなか一杯?



午後は外洋、水深2000mのマッコウ海域へ。
まずはフリーダイブやフリーパフォーマンスの撮影を
突き抜ける透明度のボニンブルーの海で。
あのブルーに溶けてきました。。恍惚。

その後はマッコウ探し。
まず2?3頭ほどの群れに遭遇。
そのうちの一頭にアプローチすると、船に少し興味を示して
近寄ってきました。
体長は10mほど。あまりのでかさに圧倒されます。
最大でオスは15mまで成長するようです。
まさに海のTーREX。。。

マッコウは水深1000m以上にいる体長10mほどのダイオウイカを主食としています。
45分も深海に潜り、ダイオウイカと格闘、15分のインターバルを経てまた深海へ。。。
体側にはしっかりと筋肉が浮き出ていてまさにアスリート。
深海の王者です。

その後も3頭ほどのマッコウと遭遇。
まだ若い個体は、なぜかめずらしいテールスラップを見せてくれました。
ザトウクジラなどによく見られる行為ですが、マッコウもマネしてたのかな?

外洋性のハンドウイルカ達にも会いました。
右舷にハンドウが跳ね、前方にマッコウ。
いったいどちらを見たらいいの??



ラストは特大レインボー。
海から海にかかるアーチの向こうには父島。
素晴らしい一日の締めくくり。
恵みの雨が降ってきました。

小笠原、奇跡の海です。





IMG_5463




IMG_5408



ハートロック!
IMG_5320

 

コメント一覧

    • seabreeze_wing
    • 2011/11/05 12:19 AM
    • 素敵で貴重な時間をブログからも、感じました。森羅万象全てが天からのプレゼントだとしたら、その素敵な体験が出来る篠宮さんも素敵な証拠ですね。応援してます。 -----
    • BLUE DOLPHIN
    • 2011/10/26 6:46 AM
    • 昨日はほんと、いい一日でしたね。次のミラクルに期待です!
    • sub
    • 2011/10/25 8:55 PM
    • 素敵過ぎます。いつか行ってみたいですね。僕も年末、また、慶良間に行きます。今度はやっぱりホエールウオッチングです。世界一の生き物に、仲間に会いに行きます。

コメントする










トラックバック

記事検索
月別アーカイブ

プロフィール

篠宮龍三
篠宮 龍三.
しのみや りゅうぞう


フリーダイバー

AIDAマスターインストラクター

写真家



2004年 日本人初のプロ選手となる。

2005年 世界ランク1位入賞。(フリーイマージョン種目)

2005〜2007年 国際大会三年連続総合優勝(エジプト、フランス、エジプト)

2008年4月バハマにて、アジア人初の水深100mに到達。世界ランク2位入賞。(コンスタント種目)

2009年4月にはジャック・マイヨールの自己最高記録の水深105mに到達。同年12月には水深107mのアジア記録をマークし、マイヨール越えを達成。(コンスタント種目)

2010年4月にはバハマにて水深115mの現アジア記録を達成。(コンスタント種目)
同年7月は自らオーガナイザーとなり沖縄で世界選手権をアジア初開催。また日本代表キャプテンとして参加し、銀メダル獲得。

2013年5月カリビアンカップにて水深56mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新。同年10月バリ大会にてコンスタント種目優勝。

2014年12月バハマ大会にて水深66mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新(通算37個目のアジア記録)

2015年4月バハマ大会にて総合準優勝。アジア人男性初のメダル獲得。

国内初のプロ選手として国際大会を中心に参戦。2016年10月、18年間の競技生活に幕を閉じる。現在は沖縄でスクールや海外ツアー、大会等を運営する。

OneOceanを自身のメッセージに掲げ、海洋保護を訴えるイベントをプロデュースしている。

本の紹介
素潜り世界一
心のスイッチ
ブルー・ゾーン