篠宮龍三.オフィシャルブログ One Ocean〜海はひとつ!

2012.11.22 Thursday

二本目。

 



二本目を潜りました。6本中、1/3が終わりました。今日も105m申告でしたが、98mでターン。ラストの耳抜きのタイミングが遅過ぎたようです。また前日のダイブの耳の疲れや長い試合期間のことを考えつつ耳の鼓膜をいたわり過ぎて、耳抜きの回数が多過ぎたようです。慎重になり過ぎました。。。もっと今の自分のフィジカルに自信を持った方がいいかな。耳抜きの回数とラストのタイミングが課題です。あとはそれさえクリア出来ればいいのです。下手に小さく成功するよりも大きく転んだ方が課題がはっきり見えるのでこれはこれでよかったととらえます。

しかし、気持ちも身体もとても良い状態です。今日はほんとうに気持ちよく潜れました。ようやくいいフィジカルの状態にメンタルが追いつきました。ここで心身の合致をみました。今度はテクニックですね。次のダイブでようやく心技体が揃いそうな気がします。一本目にはフィジカルが先行し、二本目でメンタルが追いつき、三本目でテクニック。一歩一歩、一日一日。なんてのろまで要領が悪いんだろう。でもしょうがないこれが自分なのだから。焦らず調整していきます。ここは辛抱だ。

いつも後半からがエンジンがかかってくる感じがあります。とくにこの大会ではラストでいい記録が出ています。不調こそ我が実力、逆境こそ我が競技人生です。ここから這い上がるのが最高に楽しいのです。わくわく。

あと4本。千秋楽で爆発するために調整を兼ねたダイブが続きます。最後の最後に笑えばいい。まだまだ我慢が続きます。

明日はオフ。ゆっくりと疲れを抜いて次のダイブに備えます。


皆さん、たくさんの応援メッセージどうもありがとうございます。


 

コメント一覧

コメントする










トラックバック

記事検索
月別アーカイブ

プロフィール

篠宮龍三
篠宮 龍三.
しのみや りゅうぞう


フリーダイバー

AIDAマスターインストラクター

写真家



2004年 日本人初のプロ選手となる。

2005年 世界ランク1位入賞。(フリーイマージョン種目)

2005〜2007年 国際大会三年連続総合優勝(エジプト、フランス、エジプト)

2008年4月バハマにて、アジア人初の水深100mに到達。世界ランク2位入賞。(コンスタント種目)

2009年4月にはジャック・マイヨールの自己最高記録の水深105mに到達。同年12月には水深107mのアジア記録をマークし、マイヨール越えを達成。(コンスタント種目)

2010年4月にはバハマにて水深115mの現アジア記録を達成。(コンスタント種目)
同年7月は自らオーガナイザーとなり沖縄で世界選手権をアジア初開催。また日本代表キャプテンとして参加し、銀メダル獲得。

2013年5月カリビアンカップにて水深56mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新。同年10月バリ大会にてコンスタント種目優勝。

2014年12月バハマ大会にて水深66mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新(通算37個目のアジア記録)

2015年4月バハマ大会にて総合準優勝。アジア人男性初のメダル獲得。

国内初のプロ選手として国際大会を中心に参戦。2016年10月、18年間の競技生活に幕を閉じる。現在は沖縄でスクールや海外ツアー、大会等を運営する。

OneOceanを自身のメッセージに掲げ、海洋保護を訴えるイベントをプロデュースしている。

本の紹介
素潜り世界一
心のスイッチ
ブルー・ゾーン