篠宮龍三.オフィシャルブログ One Ocean〜海はひとつ!

2012.11.26 Monday

4本目。



 


今日は110m申告でトライしてきました。アップも調子よくいつも通りでしたが、ウィル126m、アレクセイ世界新128m、ギオム121mでかなり場が盛り上がったりした後だったので、ちょっと集中に手間取ったかな。まあこれも競技会なので仕方ありません。

課題の耳抜きですが、それぞれの間隔を伸ばすことは十分出来るようになりましたが、100m前後のラストの耳抜きがタイミングが弱冠早過ぎたようで、ボトムの110mでは鼓膜がパッツンパツンでした。タグを取った時にそこですこし焦ってしまったのかな。。。

帰りは結構なスピードでダッシュで上がってきたため、脚に急激に疲労感が襲ってきて、これはまずいなあと思いながら浮上しました。途中、セーフティーダイバーの姿が見えたので、ここで無理しても仕方ないとあきらめ、浮上の手伝いを要請してあげてもらいました。競技中の選手に触れるとその選手は失格になりますが、この際、安全を優先してレスキューを要請。とっさの判断でしたが、大事に至らずに良かったと思っています。浮上して意識もありましたし、アイムOKもできました。耳も大丈夫でした。しかし、やはりとても悔しいですが。。。出来ると思っていたんですけどね。なかなかタイミングが合ってきません。

次回からの課題としては一回ごととラストの耳抜きのタイミングを見極め、浮上を焦らずゆっくりめにすることにしました。とても基本的なことなんですけどね。。。一本一本ですね、ホント。。。あと二本ありますのでまたトライしていきます。引き続き応援よろしくお願いします。




 

コメント一覧

コメントする










トラックバック

記事検索
月別アーカイブ

プロフィール

篠宮龍三
篠宮 龍三.
しのみや りゅうぞう


フリーダイバー

AIDAマスターインストラクター

写真家



2004年 日本人初のプロ選手となる。

2005年 世界ランク1位入賞。(フリーイマージョン種目)

2005〜2007年 国際大会三年連続総合優勝(エジプト、フランス、エジプト)

2008年4月バハマにて、アジア人初の水深100mに到達。世界ランク2位入賞。(コンスタント種目)

2009年4月にはジャック・マイヨールの自己最高記録の水深105mに到達。同年12月には水深107mのアジア記録をマークし、マイヨール越えを達成。(コンスタント種目)

2010年4月にはバハマにて水深115mの現アジア記録を達成。(コンスタント種目)
同年7月は自らオーガナイザーとなり沖縄で世界選手権をアジア初開催。また日本代表キャプテンとして参加し、銀メダル獲得。

2013年5月カリビアンカップにて水深56mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新。同年10月バリ大会にてコンスタント種目優勝。

2014年12月バハマ大会にて水深66mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新(通算37個目のアジア記録)

2015年4月バハマ大会にて総合準優勝。アジア人男性初のメダル獲得。

国内初のプロ選手として国際大会を中心に参戦。2016年10月、18年間の競技生活に幕を閉じる。現在は沖縄でスクールや海外ツアー、大会等を運営する。

OneOceanを自身のメッセージに掲げ、海洋保護を訴えるイベントをプロデュースしている。

本の紹介
素潜り世界一
心のスイッチ
ブルー・ゾーン