篠宮龍三.オフィシャルブログ One Ocean〜海はひとつ!

2012.11.28 Wednesday

5本目、キャンセル。

 今日は105mの申告でチャレンジする予定でしたが、アップしてみると耳の抜けが悪く、あまり無理しても良いダイブにはつながらないだろうと考え、最終日のために大事を取り、キャンセルしました。ここで無理しても何も収穫はありません。悔しいですが、仕方ありません。

なかなか思うように行かなくてストレスが溜まります。どこかでボタンの掛け違いをしてしまったみたいにずっとなにかがずれていっています。何かがおかしいなあと思いながら、ただ日々時間が過ぎていき、調子を上げるためのポイントに戻るにはもう間に合わなくなってしまいました。冷静に考えてみると今年は試合で100mを越えていなかったので、もっとスローにスタートすべきだったなあと思っています。先を見過ぎたのかもしれません。

試合はあと一本。よく考えましたが、ここでは今持っているアジア記録の115mを越え、その先の記録を目指すチャレンジは見送ることにしました。

110mを越えていくためには根性だけでは乗り切れません。技術的な調整やメンタル面の乗せ方など必要な要素が沢山あり、そのどれかがかけてもたどり着けません。残念ですが、ラストの一本は無理せずに無事に終えることを考えています。
 

コメント一覧

    • 古木 隆次
    • 2012/11/29 11:07 PM
    • 篠宮君の弟さんが世界的なアスリートと知り驚いています。お兄さん治朗君も若いころから優等生タイプ、あっそれは弟である龍三さんが一番わかってるか?(笑)だけど彼を通じて龍三さんのことを知りました、応援させていただきます。

コメントする










トラックバック

記事検索
月別アーカイブ

プロフィール

篠宮龍三
篠宮 龍三.
しのみや りゅうぞう


フリーダイバー

AIDAマスターインストラクター

写真家



2004年 日本人初のプロ選手となる。

2005年 世界ランク1位入賞。(フリーイマージョン種目)

2005〜2007年 国際大会三年連続総合優勝(エジプト、フランス、エジプト)

2008年4月バハマにて、アジア人初の水深100mに到達。世界ランク2位入賞。(コンスタント種目)

2009年4月にはジャック・マイヨールの自己最高記録の水深105mに到達。同年12月には水深107mのアジア記録をマークし、マイヨール越えを達成。(コンスタント種目)

2010年4月にはバハマにて水深115mの現アジア記録を達成。(コンスタント種目)
同年7月は自らオーガナイザーとなり沖縄で世界選手権をアジア初開催。また日本代表キャプテンとして参加し、銀メダル獲得。

2013年5月カリビアンカップにて水深56mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新。同年10月バリ大会にてコンスタント種目優勝。

2014年12月バハマ大会にて水深66mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新(通算37個目のアジア記録)

2015年4月バハマ大会にて総合準優勝。アジア人男性初のメダル獲得。

国内初のプロ選手として国際大会を中心に参戦。2016年10月、18年間の競技生活に幕を閉じる。現在は沖縄でスクールや海外ツアー、大会等を運営する。

OneOceanを自身のメッセージに掲げ、海洋保護を訴えるイベントをプロデュースしている。

本の紹介
素潜り世界一
心のスイッチ
ブルー・ゾーン