篠宮龍三.オフィシャルブログ One Ocean〜海はひとつ!

2013.02.11 Monday

旧正月


旧正月ですね。沖縄の各地では様々なお祭りで盛り上がっています。漁師は大漁旗を船に掲げ、玄関にしめ縄を飾るお家も。またお年玉をもらえる子供達もいるのかな。ポチ袋が売られています。そして緋寒桜が満開。すでに散り始めて葉桜になっているところもあります。ちなみに沖縄でアカバナといわれるハイビスカスもよく咲いています。また海にはアラスカからザトウクジラがやってきています。潜ると鯨の歌声が響いています。大陸からの文化と大自然のクロスロードのような場所がまさに沖縄ですね。鯨が歌い、桜が咲く。鯨吟開花。世界的にも珍しい新春なのではないかなと思います。 

一年の計は元旦にあり、といいますが、年末年始はどうしてもテンションが高くなってしまうので、いつもよりもかなり理想が高いアンリアルな目標設定をしてしまいがちですよね。なので目標設定をもう一度リアルなところに棚卸しして見つめ直すこともこの旧正月の計としては良いのかなと思いますね。それに海に生きる人間は潮の満ち引きが大切な要素となります。その日の干潮満潮はもとより、新月満月。いつ海に出て潜るのか、そのタイミングを計ります。旧暦は月の暦をもとにしているので我々フリーダイバーにとってはこの新月の旧正月こそがほんとうのお正月といえなくもありません。

今年はいろいろと面白そうな大会が開かれそうです。嬉しいことにインビテーションも頂いています。いままで行きたかった海や初めての大会に出てみようと思います。まずは5月のホンジュラスのロアタン島で開かれる大会、カリビアンカップにエントリーしました。初めての海、とても楽しみです。まだ潜ったことの海、見たことのないブルーに会いにいきたいです。15年も競技をしていると、毎年同じ場所で開かれる大会に出続けることが結構あります。気持ちをリフレッシュさせるためにもやはり新しい海に出て行きたいと思います。まだ知らない海が世界にはいっぱいあります。

今シーズンのトレーングを本格的にスタートさせてから一週間経ちました。いつも同じことをしていると飽きてしまうので、毎年新しい要素を入れてトレーニングプランを練ってきました。今年は毎回の練習ごとに、新しい要素や小さなチャレンジを入れながら自分を飽きせないようにやってみようと思っています。新たな気づきや感覚が訪れることがあります。まだまだ新たな発見があり、何年やっても面白い遊びだなあとひとり感慨に耽ることもあります。身体一つで水と戯れていかにムダなく、無理なくパフォーマンスを安全に完結させるか。アプネアはシンプルだけど奥が深い本当におもしろい水遊びだと感じます。


実はオオカミ男ではないのですが、なぜだか満月の夜はあまり眠れません。しかし新月は本当によく眠れます。ぐっすりと。心身のリズムが月の満ち欠けとシンクロしているのかな。いかんせん子供の頃から原始的なもので・・・それはさておき、旧正月。なんだかパワフルで新しいことが起きそうな、そして心愉しい1年になりそうな予感がします。


海と触れ合う皆さんにもステキな何かが訪れますように。

あらためて今年もよろしくお願いします。



 

コメント一覧

コメントする










トラックバック

記事検索
月別アーカイブ

プロフィール

篠宮龍三
篠宮 龍三.
しのみや りゅうぞう


フリーダイバー

AIDAマスターインストラクター

写真家



2004年 日本人初のプロ選手となる。

2005年 世界ランク1位入賞。(フリーイマージョン種目)

2005〜2007年 国際大会三年連続総合優勝(エジプト、フランス、エジプト)

2008年4月バハマにて、アジア人初の水深100mに到達。世界ランク2位入賞。(コンスタント種目)

2009年4月にはジャック・マイヨールの自己最高記録の水深105mに到達。同年12月には水深107mのアジア記録をマークし、マイヨール越えを達成。(コンスタント種目)

2010年4月にはバハマにて水深115mの現アジア記録を達成。(コンスタント種目)
同年7月は自らオーガナイザーとなり沖縄で世界選手権をアジア初開催。また日本代表キャプテンとして参加し、銀メダル獲得。

2013年5月カリビアンカップにて水深56mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新。同年10月バリ大会にてコンスタント種目優勝。

2014年12月バハマ大会にて水深66mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新(通算37個目のアジア記録)

2015年4月バハマ大会にて総合準優勝。アジア人男性初のメダル獲得。

国内初のプロ選手として国際大会を中心に参戦。2016年10月、18年間の競技生活に幕を閉じる。現在は沖縄でスクールや海外ツアー、大会等を運営する。

OneOceanを自身のメッセージに掲げ、海洋保護を訴えるイベントをプロデュースしている。

本の紹介
素潜り世界一
心のスイッチ
ブルー・ゾーン