篠宮龍三.オフィシャルブログ One Ocean〜海はひとつ!

2013.05.08 Wednesday

ホンジュラス・カリビアンカップへ!

これまでいろいろな海の大会で潜ってきましたが、ホンジュラスは初めての海です。一体どこにあるのかな?そういえば、中学生の時に初めてギターを買って、その木の材質がたしか「ホンジュラスマホガニー」という名前だったような気がします。その時はホンジュラスが国の名前だなんて知らなかったけれど。


今回のカリビアンカップには沢山のトップ選手がエントリーしています。NZのウィリアム(ブルーホールの)、カナダのウィリアム。ベネズエラのカルロス、アメリカのロブなど、北南米エリアで活躍するワールドクラスのトップ選手達がエントリーしています。アジアからは篠宮のみです。彼らとの再会はもちろん、真剣勝負にワクワクしています。それは決して日常では得られない感覚です。


何度痛い目に遭っても、また苦しい思いをしても、やはり世界大会の雰囲気には抗えぬ魅力があり、スケジュールがアップされるとすぐにチケットを検討し、また舞い戻ってきてしまいます。つくづくよくやるよなあと思ってしまいます。競技を始めて今年で15年目。日本人でコンスタントに試合に出続けている選手の中で最古参となってきました。


この二年、思うような結果が出ていないので今年は思い切って完全オフにしようかとも思いましたが、トレーニングを開始すると、「お、まだまだいけるぞ」っという新たな感覚が湧いてきます。二年間くすぶっていたものが一掃されるような感覚で、新鮮な気持ちを取り戻しています。一年間の完全オフにしてしまうとまた力を戻すのにどれだけ時間と労力がかかるかは、これまでその経験がないため未知数です。ならば大きくは休まず、いったん足元をじっくり固めてから再び高い山に挑む方がいいのではないかと考えた次第です。一旦スピードを緩めて、寄り道して色々な経験を積み、その後にまたターゲットへ向けて加速できればと。名付けてスイングバイ作戦です!


ということで、今年は完全オフ、とまではいかないにしても、行きたい海、出たい大会でもっと自由にやりたいようにやってみようと思っています。心のままに。枠にはめる事はせず、今までと違う視点で思いっきり楽しんでみよう。これまで自分を追い込むばかりであまり好きなようにはさせてあげてなかったかもしれません。常に限界ギリギリのところで挑戦を続けていると心まで疲弊してきます。うまくいなしたり甘えさせることも時に必要だと思うのです。それを試合の場でやってみようと思っています。今シーズンはそんな思いで潜ってみたい。また開幕戦からつまずくとそのシーズン全体に響く可能性もあります。まずは一歩一歩。


ホンジュラス大会へ向けて、そしていつも一緒に練習してくれる沖縄チームの皆さん、いつも変わらぬ応援をしてくださる皆さん、そしてスポンサー、サポーター企業の皆さん、いつもありがとうございます。感謝しています。


今大会もあたたかい応援を宜しくお願いします。


これからあと二本飛んで大会の行われるロアタン島です。


それでは初戦のカリビアンカップへいってきます!


LA空港より。


 

コメント一覧

    • ひらかわ由紀子
    • 2013/05/24 12:52 AM
    • ご無沙汰です!以前指導して頂いたひらかわデス。ガンバレ篠宮さん!

コメントする










トラックバック

記事検索
月別アーカイブ

プロフィール

篠宮龍三
篠宮 龍三.
しのみや りゅうぞう
プロ・フリーダイバー

2004年 日本人初のプロ選手となる。

2005年 世界ランク1位入賞。(フリーイマージョン種目)

2005〜2007年 国際大会三年連続総合優勝(エジプト、フランス、エジプト)

2008年4月バハマにて、アジア人初の水深100mに到達。世界ランク2位入賞。(コンスタント種目)

2009年4月にはジャック・マイヨールの自己最高記録の水深105mに到達。同年12月には水深107mのアジア記録をマークし、マイヨール越えを達成。(コンスタント種目)

2010年4月にはバハマにて水深115mの現アジア記録を達成。(コンスタント種目)
同年7月は自らオーガナイザーとなり沖縄で世界選手権をアジア初開催。また日本代表キャプテンとして参加し、銀メダル獲得。

2013年5月カリビアンカップにて水深56mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新。同年10月バリ大会にてコンスタント種目優勝。

2014年12月バハマ大会にて水深66mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新(通算37個目のアジア記録)

2015年4月バハマ大会にて総合準優勝。アジア人男性初のメダル獲得。

国内初のプロ選手として国際大会を中心に参戦。2016年10月、18年間の競技生活に幕を閉じる。現在は沖縄でスクールや海外ツアー、大会等を運営する。

OneOceanを自身のメッセージに掲げ、海洋保護を訴えるイベントをプロデュースしている。

一般社団法人沖縄フリーダイビング協会を立ち上げ、代表理事として沖縄でのフリーダイビングの振興を行う。

本の紹介
素潜り世界一
心のスイッチ
ブルー・ゾーン