篠宮龍三.オフィシャルブログ One Ocean〜海はひとつ!

2013.10.09 Wednesday

1週間。


夏は全然台風が来なかったのに、秋になって台風が二つもやってきて・・・前回の海練習から1週間が空きました。そしてバリ島出発まであと1週間です。

こうなると、一回一回の海練習が勝負です。一本たりとも無駄には出来ません。海は毎日状況が変わりますし、台風や低気圧に左右されます。一定のコンディションはありません。なので、海に出られる日は千金に値します。大事に大事に潜ります。

今年は初めての海や初めての要素を取り入れて自分自身をリフレッシュさせながらシーズンを通して潜ってみたい。そう思ってやってきました。5月のホンジュラス・ロアタン島も今月のインドネシア・バリ島も初めての海での大会です。やはりワクワクですね。どんな海なんだろうか。

天気予報とにらめっこしながら練習でも試合でも、その日その日どのようなプランでやろうかと考えます。しかし、海は気まぐれです。朝になって大荒れ、ということもしばしば。また午後から大しけ、ということも。そういうときにいかに早く気持ちを切り替えられるか。プランBを早く出せるか、なんですよね。自然に寄り添いながら・・・種目や練習内容を変えていきます。

大波ならフリーイマージョンはダメですね。ロープを手繰る種目なので、波があるとロープがバウンドしてしまいます。また流れがきつい日はノーフィンは向きません。推進力の小さい種目なので、いつもより余計に酸素を使ってしまいます。しかし波と流れがある程度あってもウィズフィンならなんとかこなせます。流れもせいぜい水深30mまでしかありません。まあ帰ってきてラストがキツくなるわけですが・・・

やはりコンスタントウィズフィンは一番楽しい種目です。モノフィン一枚でどれだけ深く潜れるか。ここにロマンを感じます。また両足を揃えてモノフィンを履いた瞬間に“フリーダイバー”という新種の生き物になった気がしてきます。水の中を滑るように進む感覚。。。陸上では決して味わえないグライド感がたまりません。

このウィズフィン種目での記録は3年前に出した水深115m。かれこれ、もう3年も経ってしまいました。。。そろそろ更新したいですね。しかしここは先を焦らず、まずは一歩ずつ。step by stepですね。海の種目を通じて海と長く付き合ってくると、やはりゆっくり進むのが一番早いのだと思います。そして海のスポーツはリスクもありますので、大ホームランを狙わずに長く淡々と続けていくことが何より尊いことなのだと思います。


さてさて、残り1週間であと何回海に出られるかな。

バリ大会へ向けて調整を進めていきます。
応援よろしくお願いします!

↓篠宮龍三公式FBページです↓ 練習、大会情報等アップします。







Photo by Takayuki Ide






 
 

コメント一覧

コメントする










トラックバック

記事検索
月別アーカイブ

プロフィール

篠宮龍三
篠宮 龍三.
しのみや りゅうぞう


フリーダイバー

AIDAマスターインストラクター

写真家



2004年 日本人初のプロ選手となる。

2005年 世界ランク1位入賞。(フリーイマージョン種目)

2005〜2007年 国際大会三年連続総合優勝(エジプト、フランス、エジプト)

2008年4月バハマにて、アジア人初の水深100mに到達。世界ランク2位入賞。(コンスタント種目)

2009年4月にはジャック・マイヨールの自己最高記録の水深105mに到達。同年12月には水深107mのアジア記録をマークし、マイヨール越えを達成。(コンスタント種目)

2010年4月にはバハマにて水深115mの現アジア記録を達成。(コンスタント種目)
同年7月は自らオーガナイザーとなり沖縄で世界選手権をアジア初開催。また日本代表キャプテンとして参加し、銀メダル獲得。

2013年5月カリビアンカップにて水深56mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新。同年10月バリ大会にてコンスタント種目優勝。

2014年12月バハマ大会にて水深66mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新(通算37個目のアジア記録)

2015年4月バハマ大会にて総合準優勝。アジア人男性初のメダル獲得。

国内初のプロ選手として国際大会を中心に参戦。2016年10月、18年間の競技生活に幕を閉じる。現在は沖縄でスクールや海外ツアー、大会等を運営する。

OneOceanを自身のメッセージに掲げ、海洋保護を訴えるイベントをプロデュースしている。

本の紹介
素潜り世界一
心のスイッチ
ブルー・ゾーン