篠宮龍三.オフィシャルブログ One Ocean〜海はひとつ!

2014.11.11 Tuesday

38歳になりました。

38歳になりました。
たくさんのメッセージありがとうございます!

アラフォーアスリートですね。
ここからはビッグジャンプは狙わずにステップ・バイ・ステップでいきたいと思います。
届くかどうかわからない天井にあるお宝にジャンプしてすっ転ぶより、一段一段足元の階段を登ってその結果、そこに手が届けばいいかなと思いますね。

体の声を聞きながら、いい要素もそうでない要素も、まるっとひっくるめて、
Just go with it 
っていう想いでやってみようかな。



Slowly but surely 
ジャック曰く、ゆっくりと確実に、ってね!

39歳でデビューしたジャック・マイヨール。
まだまだ学ぶことがたくさんありそうですね。
いつかジャックの言葉をまとめた本を出せたらいいな。



11/29−12/5でバハマのブルーホールで行われる大会に出場してきます。
2011年と去年は行かなかったのですが、2008年からほぼ毎年出場しています。今回で6回目。初めて100mを超えた相性のいい海。
バハマはジャックがデビューした海でもありますね。

今回はこれまでとは違うモードで楽しんでみようと思います。
もちろんプロとして記録や成績も重視しますが、まずは納得のいく潜り、そしてそれがいい仕事につながればと思います。

みなさん応援どうぞよろしくおねがいします。
いつもありがとうございます!


 

コメント一覧

コメントする










トラックバック

記事検索
月別アーカイブ

プロフィール

篠宮龍三
篠宮 龍三.
しのみや りゅうぞう


フリーダイバー

AIDAマスターインストラクター

写真家



2004年 日本人初のプロ選手となる。

2005年 世界ランク1位入賞。(フリーイマージョン種目)

2005〜2007年 国際大会三年連続総合優勝(エジプト、フランス、エジプト)

2008年4月バハマにて、アジア人初の水深100mに到達。世界ランク2位入賞。(コンスタント種目)

2009年4月にはジャック・マイヨールの自己最高記録の水深105mに到達。同年12月には水深107mのアジア記録をマークし、マイヨール越えを達成。(コンスタント種目)

2010年4月にはバハマにて水深115mの現アジア記録を達成。(コンスタント種目)
同年7月は自らオーガナイザーとなり沖縄で世界選手権をアジア初開催。また日本代表キャプテンとして参加し、銀メダル獲得。

2013年5月カリビアンカップにて水深56mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新。同年10月バリ大会にてコンスタント種目優勝。

2014年12月バハマ大会にて水深66mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新(通算37個目のアジア記録)

2015年4月バハマ大会にて総合準優勝。アジア人男性初のメダル獲得。

国内初のプロ選手として国際大会を中心に参戦。2016年10月、18年間の競技生活に幕を閉じる。現在は沖縄でスクールや海外ツアー、大会等を運営する。

OneOceanを自身のメッセージに掲げ、海洋保護を訴えるイベントをプロデュースしている。

本の紹介
素潜り世界一
心のスイッチ
ブルー・ゾーン