篠宮龍三.オフィシャルブログ One Ocean〜海はひとつ!

2007.11.28 Wednesday

ムービー・トリプルデプス2007 etc・・・

2005年のトリプルデプスでは自身初となる国際大会での総合優勝を果たし、その時に味わった達成感、充実感はいまでも忘れがたいものがあります。長く続いた失敗の連続やスランプを脱し一条の光を見出したかのような思いでした。

そして2006年も連覇を狙ってトレーニングを行ってきたのですが、勇んでエアチケットを買おうとしたその日、ダハブで爆破テロが起きました。この大会を狙ったテロではなかったのですが、仲間の選手が街中で爆破に巻き込まれて重症を負ってしまいました。

しかし大会は続行とのアナウンス・・・

トレーニングを重ねてきた数ヶ月が無駄になるのはなんとも悔しかったですが出場を断念しました。世界大会連覇の夢が消えてゆく・・・
苦渋の決断でしたが、連覇も記録も命には代えられません。

世界中を遠征する競技生活の中で“テロの脅威”というものを初めて身近に感じ、言い知れぬ不安や恐怖、憎悪に似た感情が心に沸き起こりました。それは本当に筆舌しがたい“ドス黒いなにか”が胸中に渦巻いているのを感じました。


そして今回、二年ぶりに訪れたダハブの街はとても活気があり、爆破の後も無事復興しているようで外国人観光客向けのおしゃれできれいなお店が増えているような印象がありました。
テロを起こしたグループは、外貨をちらつかせる外国人もそれに群がるローカルたちも許せなかったのかもしれない・・・ちょっとエキセントリックではあるけれど、やはりそう思えてなりません。

一歩街から足を踏み出せばとても質素というか、貧しい人たちの暮らしも見えてきます。子供たちはほとんど裸足で駆けずり廻っています。ですが、子供たちの表情を見ているとけっして貧しいからといって不幸ではないのだということが感じられました。日本の都会に住む子供たちに比べるととても子供らしい笑顔とキラキラした純粋無垢な瞳をしていたのがとても印象的でした。
昼とも夜ともつかない薄暗い部屋でPCやTVゲームに向かい、コンビニの弁当を好きな時に買い食いできるのが本当に豊かでシアワセな事なのかな?と疑問に思えてきます。埃にまみれて一日中駆け回っている砂漠の子供たち、自分たちの文化やライフスタイルに誇りを持ってネ。ドルなんて追っかけなくていいんだよ。 う〜ん、グローバリズムよ、なにするものぞ!


タラレバやモシモ、は意味がありませんが・・・去年もしテロが起きていなかったらトリプルデプス06に出場していたでしょう。また、去年の優勝者の総合得点はおととしの自分の総合得点よりも低かったため無難に行けばまた去年も勝てていたかもしれません。今年の総合Vとあわせて三連覇できたかもしれないと思うとやはり複雑な思いもしてきます。今年の総合Vは多分にLuckがありすぎましたが・・・

去年は出場するべきか辞めるべきか大いに悩みました。テロに屈しない姿勢は確かに強く美しいかもしれない、でも“匹夫の勇”となってしまっては精神面に大きく依存したアプネア競技でいいパフォーマンスは到底生まれないし、第一、単なるゲームに命を掛けるのは愚の骨頂だ、そう判断しての出場断念は今となってもやはり間違っていなかったと思います。出場できなかったからこそ見えてきた世界もあります。競技では勝つ事よりも負ける事が多いですし、プライベートでも様々な事があります。ネガティブな事柄も最終的には自分のパワーを出すためのポジティブなポイントに変えて行ける人こそが本当に強い人間なのでしょう。



ダハブのトリプルデプスは今年で卒業しようと思います。衛生面、治安面もさることながら、ブルーホールのボトム−90mにコンスタントで達してしまったためさらなるステップアップをはかる必要があります。また、この大会で国際大会3年連続総合Vを達成し、自分の中で“世界の総合で勝つための方程式”が確立されたことも大きな要因です。
その“勝利の方程式”を今度は他の日本人選手に伝え、そのアスリートに世界で大いに暴れてもらえればいいと考えています。ですから自分はもう総合Vに固執する必要がありません。総合Vに関しては自分に課したミッションは概ねコンプリートしたと言えるでしょう。

また自分はこの2、3年、日本記録を世界大会で出せば表彰台に上れる、総合で勝てる、というレベルまで持って行こうと考えてやってきました。そう、スロベニア世界選手権で表彰台に上った富永選手の大活躍も記憶に新しいところですよね。

サムライは世界と渡り合っています。もはや“たかが日本記録”ではないのです。



これからは本当に好きなコンスタント種目だけにフォーカスし、その世界記録を視野に入れてやっていきたいと思っています。次はやはりコンスタントでの100m越えと世界記録しかありません。

エジプト世界選手権では思うように行きませんでしたが、失敗の原因は完全に解明できました。大きな宿題ですが、それゆえにやりがいがあります。今度は失敗からだけでなく、成功してもなにかを学べるような謙虚な姿勢を身に付けたいところです。

得意淡然
失意泰然



トリプルデプスのムービーが出来上がりました
PUSH THE BOTTON

 

コメント一覧

コメントする










トラックバック

記事検索
月別アーカイブ

プロフィール

篠宮龍三
篠宮 龍三.
しのみや りゅうぞう
プロ・フリーダイバー

2004年 日本人初のプロ選手となる。

2005年 世界ランク1位入賞。(フリーイマージョン種目)

2005〜2007年 国際大会三年連続総合優勝(エジプト、フランス、エジプト)

2008年4月バハマにて、アジア人初の水深100mに到達。世界ランク2位入賞。(コンスタント種目)

2009年4月にはジャック・マイヨールの自己最高記録の水深105mに到達。同年12月には水深107mのアジア記録をマークし、マイヨール越えを達成。(コンスタント種目)

2010年4月にはバハマにて水深115mの現アジア記録を達成。(コンスタント種目)
同年7月は自らオーガナイザーとなり沖縄で世界選手権をアジア初開催。また日本代表キャプテンとして参加し、銀メダル獲得。

2013年5月カリビアンカップにて水深56mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新。同年10月バリ大会にてコンスタント種目優勝。

2014年12月バハマ大会にて水深66mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新(通算37個目のアジア記録)

2015年4月バハマ大会にて総合準優勝。アジア人男性初のメダル獲得。

国内初のプロ選手として国際大会を中心に参戦。2016年10月、18年間の競技生活に幕を閉じる。現在は沖縄でスクールや海外ツアー、大会等を運営する。

OneOceanを自身のメッセージに掲げ、海洋保護を訴えるイベントをプロデュースしている。

一般社団法人沖縄フリーダイビング協会を立ち上げ、代表理事として沖縄でのフリーダイビングの振興を行う。

本の紹介
素潜り世界一
心のスイッチ
ブルー・ゾーン