篠宮龍三.オフィシャルブログ One Ocean〜海はひとつ!

2008.06.30 Monday

ダイナミック 結果

ダイナミック結果  2008/6/29

名 前 申告 実技 点数 備考

立浪基博 1 107 53.5
西村祐子 5 71 35.5
岡本耕輔 5 104 52.0
篠宮龍三 10 192 96.0 日本新
高木 唯 10 57 28.5
石川雅子 50 109 54.5
松橋宣明 75 100 50.0
酒井 博 75 132 66.0
後藤修一 75 100 50.0
山内知子 77 108 54.0
野口智弘 99 122 61.0
松元 惠 100 136 68.0
平井美鈴 101 131 65.5
大島 俊 120 100 40.0
横山哲也 125 100 37.5
濱崎克哉 127 180 90.0
 

コメント一覧

コメントする










トラックバック

記事検索
月別アーカイブ

プロフィール

篠宮龍三
篠宮 龍三.
しのみや りゅうぞう


フリーダイバー

AIDAマスターインストラクター

写真家



2004年 日本人初のプロ選手となる。

2005年 世界ランク1位入賞。(フリーイマージョン種目)

2005〜2007年 国際大会三年連続総合優勝(エジプト、フランス、エジプト)

2008年4月バハマにて、アジア人初の水深100mに到達。世界ランク2位入賞。(コンスタント種目)

2009年4月にはジャック・マイヨールの自己最高記録の水深105mに到達。同年12月には水深107mのアジア記録をマークし、マイヨール越えを達成。(コンスタント種目)

2010年4月にはバハマにて水深115mの現アジア記録を達成。(コンスタント種目)
同年7月は自らオーガナイザーとなり沖縄で世界選手権をアジア初開催。また日本代表キャプテンとして参加し、銀メダル獲得。

2013年5月カリビアンカップにて水深56mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新。同年10月バリ大会にてコンスタント種目優勝。

2014年12月バハマ大会にて水深66mのコンスタントノーフィンのアジア記録更新(通算37個目のアジア記録)

2015年4月バハマ大会にて総合準優勝。アジア人男性初のメダル獲得。

国内初のプロ選手として国際大会を中心に参戦。2016年10月、18年間の競技生活に幕を閉じる。現在は沖縄でスクールや海外ツアー、大会等を運営する。

OneOceanを自身のメッセージに掲げ、海洋保護を訴えるイベントをプロデュースしている。

本の紹介
素潜り世界一
心のスイッチ
ブルー・ゾーン